箕面市 > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 高齢・介護(高齢者福祉)

更新日:2020年11月19日

ここから本文です。

高齢・介護(高齢者福祉)

最新情報

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、稲ふれあいセンターは全面休館していましたが、5月22日(金曜日)から一部を除いて順次再開しています。利用に関しては、感染予防の観点から、利用人数の調整にご協力をお願いしています。詳しくは下記をご覧ください。

そのほか

新型コロナウイルスおよび災害関連のお知らせ

箕面市では、新型コロナウイルス感染症に係る介護保険サービス事業所の介護報酬、人員、施設・設備及び運営基準などについての臨時的な取扱いは、国の通知に従って対応します。詳細は国ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関連した、介護サービス事業所等への支援事業については、府ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染予防のため不要不急の外出を控えていただくなか、生活不活発病の発症を予防し、日々の健康を維持するために、自宅でできる体操などが有効です。詳しくは国ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策のちらしを掲示します(大塚製薬株式会社提供)。免疫力の重要性と、免疫力を維持する健康習慣についての啓発資料となっております。是非ご覧ください。

mennekiryoku

mennekiiryoku

ちらしの印刷を希望のかたはこちら(PDF:948KB)

そのほか

健康情報をラジオで配信します「ラジオで歌って笑ってお口の教室」

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、介護予防教室「歌って笑ってお口の教室」「お口元気アップ教室」の開催を令和3年3月まで中止します。これらの教室に代わり、タッキー816みのおエフエムからラジオで歯科衛生士が、お口の健康情報や季節の歌・お口の体操などを、音楽療法士などのゲストとともにお届けします。あなたもラジオの前で、一緒に歌って笑ってお口の健康を楽しく保ちませんか?自宅でできるので、恥ずかしがらず思いっきり大きな口を開けて、一緒に体操しましょう!

  • 放送期間

令和2年9月8日(火曜日)から令和3年3月30日(火曜日)まで(12月29日・3月2日を除く)

  • 放送時間

毎週火曜日 午前10時45分から11時

(再放送)・同日16時10分から・同日19時25分から・翌水曜日7時5分からラジオチラシ表

ちらしの印刷を希望のかたはこちら(PDF:514KB)

タッキー816みのおエフエム(外部サイトへリンク)

オーラルフレイルを予防しましょう!

食べる、飲み込む、しゃべるなどのお口の機能が低下した状態のことを「オーラルフレイル」といい、そのままにしておくと心身の衰弱につながりやすいことがわかっています。「オーラルフレイル」の予防のために、歯みがきや入れ歯の手入れを毎日欠かさず行うだけでなく、よくかんだり、お口の体操をしたりして、お口まわりの筋肉を健康に保ちましょう。

 8020バナー ↓↓↓日本歯科医師会ホームページ「日歯8020テレビ」にリンクします。

 ( 日本歯科医師会ホームページ「日歯8020テレビにリンク )口腔体操でオーラルフレイル予防(動画)の紹介

介護に関わる人材の育成

 

高齢者福祉

在宅サービス

認知症支援

仕事と介護の両立支援

介護予防・レクリエーション

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、箕面市では予定していた市主催のイベント(市民の集まる講習会、セミナー、説明会など)を原則中止していましたが、6月以降順次、教室を開催していきます。詳しくは下記ページをご覧ください。

そのほか

 

介護保険

(関連リンク)

サービス・助成

介護支援専門員関連のお知らせ

施設

老人いこいの家

近隣地域の高齢者の心身の健康ならびに教養の向上と交流の促進を図るための施設です。

デイサービスセンター

 

介護保険で要支援・要介護の認定を受けた高齢者を対象に、生きがいのある生活と、家族の介護負担を軽減することを目的としています。

介護保険法で要介護1以上の認定を受けられたかたを対象に、家庭や社会への復帰をめざし、医療ケアと生活に必要な訓練・看護・介護・レクリエーションなどを入所、ショート、デイケアにより行っています。

在宅で生活している高齢者や18歳以上の知的障害のあるかたにサービスを提供し、生活自立を支えるとともに、生きがいを高め、介護している家族の負担軽減をはかることを目的とした施設です。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、稲ふれあいセンターは全面休館していましたが、5月22日(金曜日)から一部を除いて順次再開しています。利用に関しては、感染予防の観点から、利用人数の調整にご協力をお願いしています。詳しくは稲ふれあいセンターのページをご覧ください。

平成25年(2013年)4月1日にオープンした複合施設です。「多世代交流センター」として、高齢者の健康づくりや生きがいづくり、子育て中の若い世代のサポート、地域住民の活動支援など、高齢者から子どもまで「世代を超えたふれあいの場」を提供します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。