• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 年金・保険 > 介護保険 > 介護保険料<介護保険>

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

介護保険料<介護保険>

保険料

介護保険料は、原則として40歳以上のかた全員に納めていただきます。また、第1号被保険者と第2号被保険者とでは、保険料の決定方法や納めかたが異なります。

(注)

第1号被保険者・・・65歳以上のかた

第2号被保険者・・・40歳以上64歳以下のかた

65歳以上のかた(第1号被保険者)

保険料の額(平成27年度~29年度)

保険料は3年に1回、改定されます。平成27年度から新しい保険料が適用されます。保険料の額は、市町村によって異なります。本市においては被保険者本人の所得状況や世帯の市民税の課税状況により下表のとおり17段階に分かれています。

所得段階区分 対象者 保険料
世帯の状況 本人の状況 月額 年額
第1段階 市民税世帯非課税
  • 生活保護の受給者
  • 老齢福祉年金の受給者で、世帯全員が市民税非課税
  • 本人の合計所得金額と課税対象年金収入額の合計額が80万円以下
2,425円 29,100円
第2段階 非課税 合計所得金額と課税対象年金収入額の
合計額が80万円超120万円以下
3,503円 42,036円
第3段階 合計所得金額と課税対象年金収入額の
合計額が120万円超
4,041円 48,492円
第4段階 市民税世帯課税 合計所得金額と課税対象年金収入額の
合計額が80万円以下
4,618円 55,416円
第5段階 合計所得金額と課税対象年金収入額の
合計額が80万円超
5,388円 64,656円
第6段階 課税 合計所得金額が120万円未満 5,927円 71,124円
第7段階A 合計所得金額が120万円以上125万円以下 6,186円 74,232円
第7段階B 合計所得金額が125万円超190万円未満 6,698円 80,376円
第8段階A 合計所得金額が190万円以上200万円未満 7,215円 86,580円
第8段階B 合計所得金額が200万円以上290万円未満 8,099円 97,188円
第9段階A 合計所得金額が290万円以上300万円未満 8,632円 103,584円
第9段階B 合計所得金額が300万円以上400万円未満 9,300円 111,600円
第9段階C 合計所得金額が400万円以上600万円未満 10,103円 121,236円
第9段階D 合計所得金額が600万円以上800万円未満 11,315円 135,780円
第9段階E 合計所得金額が800万円以上1,000万円未満 12,258円 147,096円
第9段階F 合計所得金額が1,000万円以上1,500万円未満 12,932円 155,184円
第9段階G

合計所得金額が1,500万円以上

13,470円 161,640円

(ご注意)

  1. 合計所得金額とは、市民税の課税計算における「合計所得金額」と同じ意味です。その収入の種類によって各種の所得に分類されて、各所得ごとに取り扱いが定められています。主な算出方法の例は下記をご覧ください。
    • 【公的年金の場合】年金収入額-公的年金等控除額
    • 【給与の場合】給与収入額-給与所得控除額
    • 【そのほかの場合】収入額-必要経費
  2. 老齢福祉年金とは明治44年4月1日以前に生まれたかたなどに支給される特例的な年金です。老齢厚生年金や老齢基礎年金とは異なります。
  3. 課税対象年金収入額とは、老齢・退職(基礎)年金などの課税の対象となる年金の収入額です。遺族年金・障害年金などの非課税年金は含まれません。
  4. 市民税非課税とは、市民税の所得割及び均等割がともに課税されていないことをいいます。

 

保険料の納めかた

年金の支給時にあらかじめ差し引きさせていただく方法(特別徴収)と、納付書で金融機関に納めていただく方法(普通徴収)の2種類があります(納付方法は選択できません)。

納付方法の区分

区分の要件

特別徴収の対象となるかた

原則として毎年4月1日において本市に住所を有する65歳以上のかたで、老齢、退職(基礎)、障害又は遺族年金の支給額が年額18万円以上のかた

普通徴収の対象となるかた

  • 老齢、退職(基礎)、障害または遺族年金の支給額が年額18万円未満のかた
  • 65歳に到達されたかた、転入されたかたや所得段階に変更があったかたは、特別徴収が始まるまで一時的に普通徴収になります。

被保険者証(保険証)

65歳以上のかたには全員に介護保険被保険者証を交付しています。これは介護保険の保険証であって、健康保険の保険証とはまったく別のものです。介護保険の保険証を病院に持っていっても使えませんので注意してください。箕面市の介護保険証は水色です。この保険証は介護認定の申請をするときや、介護サービスを利用するときに必要なものですので大切に保管しておいてください。

なお、保険証の記載内容に変更が生じた場合(転入、転出、転居、氏名変更、死亡)には、届出が必要です。

また、紛失したり、破損して使えなくなったときは再交付の届出をしてください。

 

40歳以上64歳以下のかた(第2号被保険者)

加入している医療保険の保険料と一括して納めていただきます。なお、保険料は医療保険者によって異なりますので、くわしくは加入している医療保険者に問い合わせてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部介護・医療・年金室  担当者名:介護保険グループ

箕面市西小路4‐6‐1

内線:3378

電話番号:072-724-6860

ファックス番号:072-724-6040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?