箕面市 > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 熱中症にご注意ください!

更新日:2020年7月28日

ここから本文です。

熱中症にご注意ください!

熱中症は、屋外やスポーツ中にだけ起こるわけではなく、室内で安静にしていても、温度、湿度が高い場合には発症することがあります。特に高齢者は脱水状態に陥りやすいなど、熱中症の発症に気を配らなければなりません。

熱中症予防の動画はこちら(政府インターネットテレビ別ウインドウが開きます)(外部サイトへリンク)

 

今年の夏は、新型コロナウイルス感染症対策を行いながら熱中症予防!

 新型コロナウイルス感染症対策による自粛生活の間に夏を迎えました。身体が暑さに慣れていない状態です。

 新型コロナウイルス感染症を想定した「新しい生活様式」では、感染防止の3つの基本の一つにマスクの着用が推奨されており、マスクにより熱中症になりやすいともいわれています。

 さらに、熱中症で医療機関に行く人が増えると、医療現場の負担が増すことから、熱中症を予防する必要性が高まっています。 

2020年の熱中症対策のキーワードは「マスクの着用」

 マスクの着用は、会話するとき、人との間隔が十分とれない時に着用することを勧められています。

 

  •  マスクをすることで熱中症を起こしやすくなります

 マスクをしていると、口の中の湿度が保たれるため、喉の渇きが感じにくくなります。喉の渇きを感じる前に積極的に水分摂取をしましょう。

  •  人との距離を十分確保してマスクを外しましょう

 マスクを着用した状態で、激しい運動や作業は避けましょう。

 運動以外のときも、周囲の人と間隔がとれるとき(2メートル以上)は、適宜、マスクを外し、深呼吸をしたり、水分補給をしましょう。 

熱中症とは

(1)高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症するからだの不調のことをいいます。
(2)生命に危険をおよぼすこともありますが予防法や応急処置を知っていれば防ぐことができます。

熱中症がおこりやすい環境とは

(1)最高気温が30度を超える日
(2)高温、多湿、風が弱い、輻射源(熱を発生するもの)があるなどの環境

どのような人がかかりやすいか

(1)脱水状態にある人
(2)高齢者
(3)子ども
(4)肥満の人
(5)過度の衣服を着ている人
(6)普段から運動をしていない人
(7)暑さに慣れていない人
(8)病気の人、体調の悪い人

熱中症を予防するために

(1)室内でも通気を良くするなどして、暑い場所に長時間いることは避けるようにしましょう。エアコンをつけるなど、室温の調整が必要です。ただし、今年はコロナウイルス感染症予防のために定期的に部屋の換気をしましょう。
(2)水分をこまめにとるようにしましょう。
(3)体調がわるいときは、無理をしないようにしましょう。
(4)外出時は帽子などを着用してできるだけ直射日光を避けましょう。
(5)特に高齢のかたは脱水状態になりやすく、暑さに対する抵抗力が弱いので気をつけましょう。

熱中症かな?と思ったら

(1)まず室温をできるだけ下げて涼しくしましょう。
(2)からだが熱いときは、冷たいタオルや氷のうなどで冷やしましょう。(特に頚部、脇の下、股関節などに当てて、皮膚の直下を流れる血液を冷やす事も有効です。)
(3)冷たいスポーツドリンクなど、水分をとりましょう。
以上のことができないとき、実施しても症状が改善しないとき、さらにめまい、吐き気があったり、意識がはっきりしないなど重症の疑いがあるときは、早めにお近くの医療機関を受診したり救急車を要請してください。

子どもと熱中症

子どもは汗腺をはじめとした体温調節機能が十分に発達しておらず、熱中症のリスクは成人よりも高いので十分な注意が必要です。

子どもの熱中症予防のポイント

(1)子どもを十分に観察しましょう・・・顔が赤く、ひどく汗をかいている場合には、深部体温が上昇していると推察できます。涼しい環境下で十分な休息を与えましょう。
(2)服装を選びましょう・・・放熱を促進する適切な服装を選び、環境に応じて衣服の着脱を手助けしましょう。
(3)水をこまめに飲ませましょう
(4)日ごろから暑さに慣れさせましょう

高齢者と熱中症

高齢者は体温調節機能が加齢に伴って低下しています。温度差を識別する能力は60歳をすぎるころより低下します。また汗腺の数も減少し汗腺機能も低下します。そのため熱中症になっていることに気づくのが遅れることがあります。熱を放散する能力が低く、体に熱がたまりやすいので深部体温がより上昇します。

高齢者の熱中症予防のポイント

(1)部屋の温度をこまめに測りましょう。加齢に伴って暑さを感じにくく、発汗量も低下します。
(2)のどが渇かなくても水分補給をしましょう。のどが渇いていると思った時は、すでに軽い脱水状態になっていることもあります。定期的に水分・お茶をとりましょう。

 

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域保健室 

箕面市萱野5-8-1

内線:5136

電話番号:072-727-9507

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット