箕面市 > 市政 > 広報・広聴 > 広報 > 報道資料 > (報道資料)唐池公園がリニューアルオープン!~魅力アップ!大人も子どもも楽しめる公園へ~

更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

(報道資料)唐池公園がリニューアルオープン!~魅力アップ!大人も子どもも楽しめる公園へ~

箕面市内にある、唐池公園(坊島1丁目)が4月2日(土)にリニューアルオープンします。

幼児から高齢者まで幅広い世代が楽しめるよう、公園を4つのエリアに分けました。アンケート調査で人気の高かった新しい遊具を設置するとともに、遊歩道の整備、トイレの洋式化・バリアフリー化などを行い、より快適に唐池公園をご利用いただけるようになりました。

1.リニューアル概要

 箕面市では、公園の魅力アップをめざして「市公園施設長寿命化計画」を策定し、昨年4月から市内公園の老朽化した遊具などを更新するリニューアル工事を順次進めています。

今回、リニューアル第1号となる唐池公園は、幼児から高齢者まで幅広い世代が楽しめるよう4つにエリア分けし、全面リニューアルしました。

幼児エリア

新しく幼児向けの遊具を3つ設置。1歳~3歳までの幼児が安心して遊べるよう、フェンスで物理的に他のエリアと区分けしています。

【よじ登ったり、すべったりして遊べるカラフルな山型遊具(ちびっ子マウンテン)などが設置されました。】

小学校低学年エリア

老朽化した木製遊具に代わり、アンケート調査で決定した公園の新たなシンボル遊具となる、大型複合遊具を設置しました。

【子どもたちが選んだ公園の新たなシンボル遊具が設置されました。】

小学校高学年エリア

グラウンドはそのまま残し、自由に遊べるスペースにしています。いろいろな乗り方ができるブランコ(複数人で乗れる円盤型)や背もたれ付きのブランコ(インクルーシブル遊具)を設置しました。

【いろいろな乗り方ができるブランコが新しく設置され、楽しみ方が増えました。】

多世代エリア

池を囲む遊歩道の段差をなくし、安全に散歩ができるようになりました。また老朽化していたパーゴラ(格子状の日陰棚)やベンチを更新し、車いすに乗ったまま使用できるテーブルを新設しました。
さらに、障害者専用駐車場(1台分)の設置や、トイレの洋式化・バリアフリー化を行うなど、どなたでもより快適に、安心してご利用いただけるようになりました。

2.唐池公園概要

  • 住所:坊島1丁目
  • 面積:12,000平方メートル
  • 開設:昭和51年(1976年)

        【アクセスマップ】             【園内マップ】

3.令和4年度のリニューアル予定

アンケート調査や公園施設の特性などから、整備する55公園の優先順位、設置する遊具の考え方などを示した「市公園施設長寿命化計画」に基づき、国の交付金などを活用し、遊具の更新を行うなど、順次市内公園のリニューアルを進めていきます。

令和4年度は、夏にリニューアルオープンする箕面西公園をはじめ、山麓公園、皿池公園、西脇公園、芦原公園の計5公園をリニューアルします。

また、桜井公園、牧落公園、杉谷公園、松出公園、止々呂渕公園、当対池公園、芦原公園、計7公園のトイレの洋式化・バリアフリー化も進めていきます。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部公園緑地室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6749

ファックス番号:072-723-5581

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット