更新日:2023年11月22日

ここから本文です。

箕面市立保育所の給食について

きゅうしょくだより(献立含む)

・保育所では、旬の食材や箕面産食材の活用をしながら、子どもたちに安全・安心な給食を提供しています。

・保育所の食事の内容をお知らせするため、毎月、「きゅうしょくだより」として、おたよりと献立をお届けします。

・保育所では、「きょうの給食」の見本を展示していますので、お帰りの際にご覧ください。

 また、レシピなどもお知らせできますので、お気軽にお声かけください。

 保育所給食だより(おたよりと献立)

 

食物アレルギー等について

・食物アレルギーの原因になりやすい食品の使用を制限し、なるべく多くのお子さまが一緒に食べられる献立作りを行っています。

・食物アレルギー等で、医師の指示により食品の除去・代替が必要な場合は、提供できる食材及び調理方法のなかで可能な限り対応することができます。詳しくは保育所にお尋ねください。

制限している食品 給食献立での使用について
卵(鶏卵・うずら卵を含む) 使用しません。
牛乳・乳製品

調理には使用しません。

(おやつでは牛乳を飲用します。)

ピーナッツ、ナッツ類、エビ・カニ、イカ・タコ・貝類、

ごま・ごま油、キウィ、バナナ、ソバ

使用しません。

 

給食について

1 アレルギーに配慮した献立

 保育所での食事がより安全で楽しい時間となるよう、食物アレルギーの原因になりやすい食品の使用を制限し、なるべく多くのお子さまが一緒に食べられる献立作りを行っています。

2 うす味でおいしく

 幼児期は、食生活の基礎ができていく大切な時期です。自然の食品がもっている本来の味を知らせ、うす味でもおいしいと感じられる味覚を育てていきたいと思います。

3 ごはん食中心の献立

 昼食は、基本は毎日ごはんです。

 ごはんを中心として主菜、副菜、汁物をそろえる日本型食事は、季節の食材を取り入れることができ、自然と栄養のバランスがとりやすくなります。

 ⇒「きちんとごはん」今日から実践!3つのアクション

4 材料選びについて

 できるだけ旬のものを取り入れ、生の野菜や果物は国内産を優先して使用する、加工品は食品添加物の少ない材料を選ぶ、など新鮮で良質な材料を選ぶように心がけています。

 また、しっかり噛めるようにかみかみメニューも折々に入れています。

保育所での食事の流れや離乳食対応について

・保育所での離乳食は、月齢によらず、ご家庭での食事の状況をお聞きしながら、ひとりひとりの「食べる力」にあわせて進めています。お子さまの状況にあわせて、ご家庭での食事を増やし、普通食になるころまでに、1日3回の食事リズムを作っていきましょう。

保育所での食事の流れや献立例(PDF:52KB)

よくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局保育幼稚園総務室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6159(学校給食室内)

ファックス番号:072-722-2466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット