箕面市 > 市政 > 広報・広聴 > 広報 > 報道資料 > (報道資料)全市立小中学校内のブロック塀を全て撤去しフェンス等へ改修します ~子どもたちの安全確保のため、12月議会に補正予算案を提案~

更新日:2018年12月3日

ここから本文です。

(報道資料)全市立小中学校内のブロック塀を全て撤去しフェンス等へ改修します ~子どもたちの安全確保のため、12月議会に補正予算案を提案~

箕面市では、大阪北部地震の発生後、全市立小中学校内にあるブロック塀のうち、道路に面したものを直ちに撤去しました。これは、塀の高さにかかわらず、倒壊すれば子どもの生命に危険が及ぶため、道路に面したブロック塀を先行して撤去したものです。
しかし校内には、的当て板などのブロック塀がわずかながら残っているため、これら全てを撤去します。撤去後に、改めて塀などの設置を要する箇所については、先行してブロック塀を撤去した箇所も含め、安全性の高いフェンス等に改修します。このため、12月議会に補正予算案を提案しました。
財源については、国の平成30年度補正予算において創設された「ブロック塀・冷房設備対応臨時特例交付金」を最大限活用します。

1.補正予算の概要

箕面市では、大阪北部地震の発生後、全市立小中学校内にあるブロック塀のうち、道路に面したものを直ちに撤去しました。これは、塀の高さにかかわらず、倒壊すれば子どもの生命に危険が及ぶため、道路に面したブロック塀を先行して撤去したものです。
しかし校内には、的当て板などのブロック塀がわずかながら残っているため、これら全てを撤去します。撤去後に、改めて塀などの設置を要する箇所については、先行してブロック塀を撤去した箇所も含め、安全性の高いフェンス等に改修します。このため、12月議会に補正予算案を提案しました。
財源については、国の平成30年度補正予算において創設された「ブロック塀・冷房設備対応臨時特例交付金」を最大限活用します。なお、「ブロック塀・冷房設備対応臨時特例交付金」は、先行して撤去したブロック塀の工事費も対象となります。

2.予算額

(1)補正予算額

歳出

工事請負費 58,067千円

工事内容

対象校※

工事費用

予算状況

フェンス等の設置
(ブロック塀は撤去済)

西南小、萱野東小、豊川南小、
萱野北小、第一中、第二中、
第四中

撤去費
 13,139千円
予算措置済
 13,139千円
フェンス等
 31,955千円
補正予算
 58,067千円
ブロック塀の撤去及び
フェンス等の設置
箕面小、西小、西南小、
萱野東小、川北小、中小、
豊川南小、萱野北小、第一中、
第二中
撤去費
 9,461千円
フェンス等
 16,651千円

合計

 71,206千円

※上記以外の小中学校については、該当するブロック塀なし

歳入

ブロック塀・冷房設備対応臨時特例交付金 14,186千円

  • 小学校費交付金 9,013千円
  • 中学校費交付金 5,173千円

 (2)財源の内訳

歳入については、「ブロック塀・冷房設備対応臨時特例交付金」を最大限確保するように努めます。なお、市と国の実質的負担額の見込みは次のとおりです。

財源の内訳


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局学校施設管理室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6973

ファックス番号:072-722-2466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット