箕面市 > 市政 > 広報・広聴 > 広報 > 統一キャンペーン > 子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!

更新日:2018年10月19日

ここから本文です。

子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!

11月は「児童虐待防止推進月間」です。市では期間中、街頭啓発活動など、市民のみなさんに児童虐待問題への理解を深めていただくための取り組みを行います。
児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。次のSOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センターへお電話ください。

子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!

子どものSOSサイン

次のような子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話ください!

身体や服装

  • 殴られたようなあざ、たばこを押し付けられたようなやけど跡など、不自然な外傷がある
  • 汚れた衣服を繰り返し身に付けている。季節にそぐわない服を着ている
  • 髪がベタベタしていたり、体のにおいが気になるなど、お風呂に入っていないようすがうかがえる

行動や言動

  • 小学生までの子どもが夜遅くまで遊んでいたり、家に帰りたがらない
  • いつも親の顔色をうかがっており、親に対しておびえている
  • 小学生までの子どもが性行為のまねごとをする

家庭でのようす

  • 悲鳴のような突然の泣き声や、激しい泣き声が聞こえる。一晩中泣き続けている
  • 大人が子どもを怒っている声やののしる声、物を壊したり叩きつける音などと一緒に、泣き声が聞こえる
  • 家の外に閉め出されている(幼い子どもの閉め出し、長時間の閉め出し、真夏や真冬の閉め出しなど)
  • 子どもだけを残して、保護者が夜間に外出している
  • 保護者同士が大声で怒鳴り合うような激しいけんかをしている

子どものSOSサインに気づいたときは

近所の子どものSOSサインに気づいたとしても、やっぱり、心配に思われることがあると思います。

  • 私が通報したと知られたら気まずいし…
  • 虐待かどうか分からないし…
  • 虐待じゃなかったら、相手に迷惑をかけてしまうし…

そんな心配は一切ありません!

匿名でお電話いただけますし、お名前を無理にお伺いすることはありません。

虐待かどうかを判断するのは難しく、例えば、親がしつけと思っていることでも、実は虐待に当たる場合があります。虐待かどうかの判断は、児童相談支援センターの専門職員が行いますので、ご安心ください。

虐待ではない場合でも、相手に迷惑がかかることはありません。そのご家庭に直接訪問するのではなく、保育所や学校などと連携して虐待のあるなしを確認する場合もあります。また、そのかたが子育てに不安や悩みを抱えていた場合には、解決のきっかけになることもあります。

子どものSOSサインに気づいたら、迷わず、すぐにお電話を!

 

連絡先一覧
連絡先 電話番号 時間
児童相談支援センター 724-6233 月曜日から金曜日の午前8時45分から午後5時15分
池田子ども家庭センター 072-751-1800 月曜日から金曜日の午前9時から午後5時45分
夜間・休日虐待通告専用電話 072-295-8737 月曜日から金曜日の午前9時から午後5時45分を除く全ての時間帯
児童相談所全国共通ダイヤル 189

24時間365日受付

一部のIP電話(050の番号など)からはつながりません。

つながらない場合は、携帯電話でおかけ直しください。


よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局児童相談支援センター 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6233

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット