箕面市 > くらし・環境 > ペット・動物 > ペットの遺骸の持ち込みについて

更新日:2024年6月25日

ここから本文です。

ペットの遺骸の持ち込みについて

収集をご希望の場合は、下記ページをご確認ください。

動物の遺骸について

ペットの遺骸については、環境クリーンセンターの動物焼却炉という動物の遺骸専用の焼却炉で焼却されます。

動物焼却炉

動物焼却炉

お知らせ

  • 令和6年6月23日(日)から令和6年7月1日(月)まで焼却施設の定期整備を実施します。定期整備期間中は、お預かりしたペットの遺骸を焼却できません。ペットの遺骸は、専用の冷蔵庫で保管し、定期整備完了後に焼却を実施します。つきましては、焼骨の取り置きを希望される場合は、令和6年7月2日(火)以降のお渡しとなりますので、ご了承ください。
  • ペットの焼骨をお持ち帰りいただく際に、特定非営利活動法人そよかぜの「そよかぜの家」で働く障害のあるかたたちがデザインし、焼き上げてつくった骨つぼを環境クリーンセンター1階事務所で購入することができます。詳しくはこちら

手数料(料金)

種別 火葬方法 手数料
ペット 合同火葬 1体につき、990円+重量分の手数料(※)
個別火葬 1体につき、8,410円+重量分の手数料(※)
個数算定が実情にそわないと認められるもの 合同火葬 1kgまでごとに、630円

※重量分の手数料は、10kgまでごとに62.854円(十円未満の端数があるときは、これを四捨五入して得た額)となります。

現金、クレジットカード、電子マネー、コード決済のいずれかでお支払いください。

キャッシュレス決済についてはこちら

所有者のいない動物の遺骸については無料です。

持ち込み日時

曜日から曜日(祝日含む)の午前9時から正午まで、午後1時から午後5時まで。なお、正午から午後1時までは受付ができませんのでご注意ください。

日曜日は、持ち込みはできません。

なお、動物の遺骸のみを持ち込む場合は、事前予約は不要です。

ただし、動物の遺骸と同時に、家庭ごみを持ち込む場合は事前予約が必要です。

 

受付時に、運転免許証などの本人確認書類を提示していただきます。

詳細につきましては、次のページをご確認ください。

環境クリーンセンターへのごみ搬入時の本人確認書類について

※動物の遺骸持ち込み時にも、ごみ搬入時と同様の本人確認書類が必要です。

 

なお、動物の遺骸の持ち込みに関するお問い合わせ時間は、月曜日から土曜日の午前8時45分から午後5時15分までです。

  • 住所:箕面市大字粟生間谷2898番1
  • 電話番号:072-729-4280

 

年末年始は持ち込み時間が変更になります。下記ページや広報紙「もみじだより」12月号をご確認ください。

年末年始のごみの持ち込みについて

副葬品などについて

動物の遺骸については副葬品などと一緒に焼却しますので、下記のとおりご協力をお願いいたします。

遺骸を収容する箱などについて

タオル、毛布、段ボール箱、紙箱、木箱などの燃える素材でできたものに限ります。

大きさは50センチメートル×50センチメートル×140センチメートル以内で最低限必要な大きさにしてください。ケージや犬小屋などは焼却することができません。

副葬品について

花、衣類、手紙、写真など燃える素材でできたものに限ります。缶詰、びん詰、レトルトパック、保冷剤などの燃えない素材または焼却の際に破裂する恐れのあるものはご遠慮ください。

焼却できない副葬品

燃えない素材でできたもの、破裂するおそれのあるもの、遺骸を収容した箱などに収めきれない副葬品については一緒に焼却することはできません。これらについては別途ごみとして搬入または収集日に排出するなどのご協力をお願いします。

遺骸の保管について

持ち込みまたは収集された遺骸については基本的に当日の受付終了時刻以降に焼却を実施します。ただし設備の運転状況により焼却が遅れる場合があります。焼却が遅れる場合は遺骸を専用の冷蔵庫に一時的に保管します。

保管用冷蔵庫

保管用冷蔵庫

焼骨の取り置きについて

合同火葬・個別火葬の場合とも、希望される場合は取り置くことが可能です。焼骨の取り置きを希望される場合は持ち込み時にお申し出ください。

合同火葬の場合は、焼却炉内に遺骸を1体ずつ並べ、数匹を一度に焼却し、1体ごとに焼骨を採取する、という流れになります。

 

動物炉構造

動物焼却炉の構造

注意点

  • 設備の構造上、細かい骨や遺灰は残らないため、遺灰の取り置きは行っていません。
  • 取り置ける量は、合同火葬・個別火葬の場合とも、1体につき最大で約1リットル程度となります。

焼骨の引き取り時のご案内

  • 遺骸をお預かりした日の翌日以降に、環境クリーンセンターの事務所までお越しください。
  • 設備の運転状況により火葬が遅れる場合もありますので、焼骨の引き取りに来られる前にお電話でご確認ください。
  • 事務所の開庁は、月曜日から土曜日の午前8時45分から午後5時15分までです。
  • 焼骨を入れる容器をご持参ください。なお、焼骨の引き取り時に骨つぼを購入することもできます。骨つぼの購入希望のかたはこちら
  • 焼骨の保管期間は、おおむね1週間です。保管期間を過ぎると処分いたしますので、期間内の引き取りが難しい場合はお申し出ください。

残った焼骨について

  • 焼骨の取り置きを希望されなかった、または、取り置いた焼骨の一部分のみを引き取られたことで残った焼骨は一般のごみを焼却した灰と一緒に埋め立てられます。
  • 本市では、動物の遺骸の取り扱いは、ごみ処理の一環として行っており、供養などを目的には行っておりません。

骨つぼの購入について

焼骨を受け取りに環境クリーンセンターへ来場した際、骨つぼを購入することができます。

購入を希望されるかたは、環境クリーンセンター1階事務所の係員に申し付けください。

骨つぼのサイズ(外寸)及び価格(税込み)は、(幅8.5cm×高さ10cm)が2,000円(幅11cm×高さ15cm)が3,000円(幅18cm×高さ20cm)が5,000円です。

 

購入時にサイズ骨つぼ専用袋をお選びください。骨つぼ専用袋とのセット販売となります。

実物を確認したい場合は、ペットの火葬依頼時、または焼骨の受け取り時に係員に申し付けください。

骨つぼ見本

骨つぼ見本(左から中、小、大)

骨つぼ専用袋と組紐

骨つぼ専用袋見本(お好きな色をお選びいただけます)

なお、骨つぼは特定非営利活動法人そよかぜの「そよかぜの家」で働く障害のあるかたたちがデザインし、焼き上げてつくりました。また、組紐は工房「千の風」で働く障害のあるかたたちがつくりました。手作りのため、サイズや色味、デザイン等が異なる場合があります。ご了承ください。

焼骨を採取できない動物

ハムスターなどの小動物、インコなどの鳥類、魚類などについては動物焼却炉の性能上、焼骨を採取することができません。ご理解のほどお願いします。

持ち込めない遺骸

  • 家畜など法令により指定された場所での処理が義務づけられている遺骸
  • 箕面市外で発生した遺骸

持ち込み場所

環境クリーンセンターに直接持ち込んでください。

  • 住所:箕面市大字粟生間谷2898番1
  • 電話番号:072-729-4280

地図

地図

詳細図1

地図2

詳細図2

 

 

ごみの持ち込みについて

家電リサイクル法の指定品目について(冷蔵庫、冷凍庫、エアコン、テレビ、洗濯機及び衣類乾燥機)

ごみ・リサイクルへ

環境クリーンセンタートップページへ

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:市民部環境クリーンセンター 

箕面市大字粟生間谷2898-1

電話番号:072-729-4280

ファックス番号:072-728-3156

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?