箕面市 > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 地域包括ケア > 認知症のかたへの声かけ訓練に参加しませんか

更新日:2018年10月23日

ここから本文です。

認知症のかたへの声かけ訓練に参加しませんか

高齢化により、認知症の患者数は全国的に増加しています。箕面市でも、認知症のかたは約4200人(平成29年4月1日現在)にのぼり、出かけた先で道に迷ってしまうなど、認知症が原因で行方不明になるかたが年々増加しています。

行方不明者の早期発見と安全確保のためには、地域のみなさんによる見守りが何より重要です。市内では、「認知症高齢者等への声かけ訓練」が随時実施されています。まちで不自然なようすの高齢者のかたを見かけたとき、迷うことなく声がかけられるよう、ぜひご参加ください。

「認知症高齢者等への声かけ訓練」にぜひご参加ください!

行方不明になったかたの多くが、地域のみなさんの声かけにより発見されています。

  • 「認知症高齢者等への声かけ訓練」では、実際に声をかける体験などを通して、認知症のかたの特徴や、適切な対応の仕方を学ぶことができます。
  • 認知症のかたの特徴が分かり、声のかけ方を知っていると、まちで不自然なようすの高齢者のかたを見かけたとき、積極的に声をかけることができます。その一声が命を救うことにもつながります。訓練は、市内で随時実施されていますので、ぜひご参加ください。
  • 地域の集まり(おおむね20人以上)などに、無料で声かけ訓練のスタッフを派遣します。詳しくは地域包括ケア室(072-727-3548)へお電話ください。

声かけ訓練

(平成30年9月号のもみじだよりにも、声かけ訓練のことが掲載されました)

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域包括ケア室 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-3548

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?