箕面市 > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 地域包括ケア > 在宅医療・介護連携推進事業

更新日:2024年6月3日

ここから本文です。

在宅医療・介護連携推進事業

在宅医療・介護連携推進

箕面市では、在宅医療と介護を一体的に提供するため、医療機関と介護事業所等の関係者の連携を推進することを目的に、箕面市医師会、箕面市薬剤師会、箕面市薬剤師会等と協働して、在宅医療・介護連携推進事業に取り組んでいます。

 

PDCAサイクルに沿った取組

地域のめざす理想像

切れ目のない在宅医療と在宅介護の提供体制の構築

医療ニーズと介護ニーズの両方を必要とする高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続ける事ができるよう、住民や地域の医療・介護関係者と地域のめざすべき姿を共有し、「入退院支援」、「日常の療養支援」、「急変時の対応」、「看取り」などさまざまな場面において、切れ目のない在宅医療と介護の提供体制の構築をめざします。

 

1.現状分析・課題抽出・施策立案

ア 地域医療・介護資源の把握

地域の医療や介護などの社会資源について情報提供できるよう、「箕面市 高齢者福祉サービスのご案内」冊子を市役所などで配布しています。

また、箕面市医師会による「医療マップ」、「みのお認知症相談マップ」の作成、ホームページの作成を行っています。

箕面市医師会のホームページはこちら( 外部サイトへリンク )

 

イ 在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討

医師会による「在宅医療推進事業運営委員会」において、地域の医療と介護の関係者、市などが参画し、在宅医療・介護連携の現状と課題の抽出、各機関において、課題に対する解決に向けた取組を進めていきます。

 

ウ 切れ目のない在宅医療と介護の提供体制の構築推進

箕面市医師会を核とした、多職種による在宅での看取りを含めた切れ目のない対応ができる体制の構築に向けて、診療所と病院の連携や在宅医療の後方支援のありかたを「在宅医療推進事業運営委員会」で検討しています。

 

2.対応策の実施

エ 医療・介護関係者の情報共有の支援

箕面市立病院によるICTを活用した「医療・介護連携情報システム」の導入を推進しています。

 

オ 在宅医療・介護連携に関する相談支援

市、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所を中心とした市民の介護相談対応を実施しています。

 

カ 医療・介護関係者の研修

箕面市による「多職種連携研修会」の開催を年3回実施しています。

〈令和5年度 実施内容〉

  内容
 第1回   在宅医療介護連携のための情報共有化の実際
 第2回  薬剤師による在宅訪問
 第3回   食べさせた後悔と食べさせなかった後悔~命の出口~

 

キ 地域住民への普及啓発

市民向けの在宅医療・介護サービスに関する講演会等の開催を年1回実施しています。

「市民公開講座」の最新情報はこちら

人生会議(ACP)の普及啓発を行っています。

「人生会議」の最新情報はこちら

 

3.対応策の評価・改善

在宅医療と介護サービスを一体的に提供する体制の構築の推進に向けて、在宅医療・介護関係者による会議や研修等を行った結果や、PDCAサイクルに則った評価を行い、改善に取り組みます。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域包括ケア室 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-3548

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?