箕面市 > 市政 > 広報・広聴 > 広報 > 報道資料 > (報道資料)府内初 長期休業期間中の学童保育での昼食のお弁当購入システムを導入します

更新日:2020年7月28日

ここから本文です。

(報道資料)府内初 長期休業期間中の学童保育での昼食のお弁当購入システムを導入します

箕面市は、令和2年8月に府内の自治体で初めて、春・夏・冬休みの学童保育での、昼食のお弁当購入システムを導入します。

普段、学校がある時は給食が提供されますが、春・夏・冬休みに学童保育を利用する場合だけ、各家庭で毎日お弁当を用意する必要があります。学童保育を利用することが多い共働き世帯にとって、毎朝のお弁当の準備は大きな負担となります。そこで、市がお弁当を準備し、希望者が購入できるようにすることで、保護者の負担を軽減します。

管理栄養士が考案した献立は、日替わりでメニューが替わるので、毎日食べても飽きのこないものとなっています。また、お弁当を希望する保護者は「箕面市学童保育ランチシステム」を使い、パソコンやスマートフォンから、24時間いつでも注文できるのが特徴です。  

1.概要

箕面市は、令和2年8月に府内の自治体で初めて、春・夏・冬休みの学童保育での、昼食のお弁当購入システムを導入します。

普段、学校がある時は給食が提供されますが、春・夏・冬休みに学童保育を利用する場合だけ、各家庭で毎日お弁当を用意する必要があります。学童保育を利用することが多い共働き世帯にとって、毎朝のお弁当の準備は大きな負担となります。そこで、市がお弁当を準備し、希望者が購入できるようにすることで、保護者の負担を軽減します。

管理栄養士が考案した献立は、日替わりでメニューが替わるので、毎日食べても飽きのこないものとなっています。 また、お弁当を希望する保護者は「箕面市学童保育ランチシステム」を使い、クレジットカードやコンビニ払い等で、事前にシステムに入金することで、パソコンやスマートフォンから、24時間いつでも簡単にお弁当を注文できるのが特徴です。

2.事業について 

(1)対象
   市内14カ所の学童保育室を利用する児童の保護者

(2)実施時期
   春・夏・冬休みの長期休業期間中の平日(土曜日、お盆、年末年始を除く)

(3)昼食料金
   お弁当1食あたり400円
 
(4)予算
   令和2年度予算
   ・学童保育昼食実施事業 3,542千円

(5)昼食提供事業者
   まる味食品株式会社(大阪府池田市鉢塚1丁目2番12号)

(6)システム提供事業者
   ビジネスラリアート株式会社 (京都府京都市下京区中堂寺南町134 KRP2号館)

3.注文から受け取りまで

【Step 1】登録
  ・パソコンやスマートフォンから「箕面市学童保育ランチシステム」にアクセスし、利用登録を行います。
   ※システムの利用登録は、初回のみ必要です。

【Step 2】入金
  ・お弁当の代金は前払いで、事前にシステムへの入金が必要です。
  ・支払いは、クレジットカード、コンビニ支払い、銀行振込から選べます。

【Step 3】注文
  ・パソコンやスマートフォンからシステムにアクセスし、お弁当を注文します (24時間注文可能)。
   ※注文・キャンセルは、前日の正午まで可能です(土日祝日を除く)。

【Step 4】受け取り
  ・当日、学童保育室で子どもがお弁当を受け取ります。

   フロー図

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局放課後子ども支援室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6736

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット