箕面市 > 市政 > 広報・広聴 > 広報 > 報道資料 > (報道資料)新型コロナウイルス緊急経済対策費として総事業費7億35百万円の補正予算を提出

更新日:2020年5月27日

ここから本文です。

(報道資料)新型コロナウイルス緊急経済対策費として総事業費7億35百万円の補正予算を提出

箕面市は、国の緊急経済対策(令和2年度補正予算)を活用し、「新型コロナウイルス緊急対策事業」として、小中学校のトイレ改修・換気扇設置、文化施設等の感染症防止対策、体育施設の換気設備の大容量化など(総事業費7億35百万円)を実施します。
なお、総事業費となる7億35百万円は、「新型コロナウイルス緊急対策事業」として、6月の市議会に補正予算を提出しました。

1.概要

箕面市は、国の緊急経済対策(令和2年度補正予算)を活用し、「新型コロナウイルス緊急対策事業」として、小中学校のトイレ改修・換気扇設置、文化施設等の感染症防止対策、体育施設の換気設備の大容量化など(総事業費7億35百万円)を実施します。

通常、国の補助を得ても、6億38百万円が必要となるところ、国の補正予算を最大限活用することで、市の負担を2億20百万円とし、4億18百万円もの財政改革(市の負担軽減)を図ります。

なお、総事業費となる7億35百万円は、「新型コロナウイルス緊急対策事業」として、6月の市議会に補正予算を提出しました。

2.事業内容について

(1)小中学校トイレ改修、教室換気扇設置

事業費 4億62百万円(本市負担:1億81百万円)

  • トイレの改修(校舎:1校、体育館:5校、プール:14校、運動場:10校)
  • 一部未設置の教室に換気扇を設置(校舎:3校)

(2)文化施設等の再開における感染症防止対策

事業費 1億68百万円(本市負担:17百万円)

  • 空気清浄機、消毒液、飛沫防止用アクリル板、非接触型体温計、赤外線サーモグラフィカメラの購入(12施設)
  • 空調設備・換気設備の改修(6施設)

(3)体育施設の換気設備の大容量化

事業費 1億5百万円(本市負担:22百万円)

  • 換気設備の大容量化(体育館等:3施設)

3.補正予算について

(1)総事業費(6月補正計上額)

7億35百万円(国・府の支援 5億15百万円+箕面市の負担 2億20百万円)

(2)国庫(府)補助金等を活用することによる効果

国の緊急経済対策を最大限に活用することで、市の負担額を4億18百万円軽減


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局学校施設管理室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6973

ファックス番号:072-722-2466

所属課室:子ども未来創造局文化国際室

電話番号:072-724-6769

ファックス番号:072-724-6010

所属課室:子ども未来創造局保健スポーツ室

電話番号:072-724-6998

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット