• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 防災 > 家族と連絡が取れなくなったら

ここから本文です。

更新日:2017年7月24日

家族と連絡が取れなくなったら

災害用伝言ダイヤル

災害時には、電話が通じにくい状況になります。

仕事や学校に行っている家族と連絡が取れない、遠方の親族が心配、など、無事でいることだけでも知りたいという場合に、災害用伝言ダイヤルが便利です。

NTTや携帯電話各社から、災害時の伝言サービスが提供されています。

【NTTの場合の伝言ダイヤルの使い方】

伝言ダイヤルの使い方

伝言の内容を他人に聴かれないように、暗証番号を設定することもできます。音声ガイドに従って操作してください。

携帯電話などからの利用については、あらかじめ各社のホームページなどで確認しておきましょう。

 

集合場所を決めておきましょう

必ずしも、家族が揃って家にいるときに災害が起こるとは限りません。

また、避難の途中で離ればなれになってしまうことも考えられます。

お互いに探し歩いて、よけいに危険な目に遭ったりしないよう、離ればなれになったときの集合場所を決めておきましょう。

基本は、家か避難所か

  • 家が安全な状況ならば、最終的には家で合流しましょう。
  • 家が危険な状況ならば、基本的には避難所で合流しましょう。(台風・豪雨のときに仕事や学校で外出している家族は、出先から家の周辺の様子について情報収集しましょう)

 

「大地震!そのとき・そのあと」はこちらから

災害時伝言カード「私はここにいます」はこちらから

「台風・豪雨のときは、早めの情報収集から」はこちらから

「台風・豪雨時の避難」についてはこちらから

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:総務部市民安全政策室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6750

ファックス番号:072-724-6376

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?