• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 防災 > 自治会などの災害時の活動拠点「地域防災ステーション」

ここから本文です。

更新日:2017年3月23日

自治会などの災害時の活動拠点「地域防災ステーション」

公園・広場などを地域防災ステーションに決めておく

箕面市では今後、比較的広い公園や広場などに、消火・救助資機材を備蓄した「地域防災ステーション」を整備していきます。

「地域防災ステーション」は、自治会などで災害発生直後の一時的な集合場所として使い、安否確認結果の収集や、消火・救助が必要なところに人を送ったりする「災害時の活動拠点」になります。

地域防災ステーションはなぜ必要?

火災が起きていたり、人が倒壊家屋の下敷きになっているような状況では、一刻も早く、消火や救助を始めることが大切です。消火の遅れは延焼を招き、早く消しとめれば燃えずにすんだ家まで燃えてしまいます。救助の遅れは、助かる命まで失ってしまいます。

そのため、みなさんのお住まいの近所の公園・広場などに、消火・救助資機材を整備することが必要なのです。

また、集合場所を決めておかないと、安否確認した結果を報告したり、助けを呼びに行くにも、どこに行ったらいいかわからなかったり、助けに来られる人を見つけられなかったりして、消火や救助に取りかかるのが遅れてしまいます。

 

大きな地震が起きたら・・・地域防災ステーションに集まる!

大地震の後、向こう三軒両隣の無事を確認したら、その近隣の安否情報を確認したかたや、消火・救助活動に参加できるかたは、「地域防災ステーション」に集まってください。

近所で消火や救助が必要な場合に、助けを呼びに行くのも「地域防災ステーション」へ。

集まっている人は、ステーションに整備されている消火・救助資機材を持って、助けに行ってください。

地域防災ステーションのイメージ

 

候補地は、広めの公園・広場など

地域防災ステーションの候補地は、広めの公園や広場などで、市と自治会などとで相談しながら場所を決めていきます。

一つの防災ステーションを、いくつかの自治会などで共同で使っていただきますので、まずは市(市民安全政策課)までご相談ください。

また、マンション管理組合で災害時の活動(安否確認や救助など)をする場合は、マンション敷地内の空地や緑地などが指定できます。(周囲の状況によって、災害時に危険があるような場合は、指定できません。)

地域防災ステーションの候補地のイメージ

なお、資機材の整備は、地域防災ステーションの場所が決まったところから順次行います。

 

救援物資の配布拠点にもなります

地域防災ステーションは、発災直後の活動だけでなく、水道などのライフラインや物流が復旧するまでの間、自宅で生活している家庭への救援物資の配布拠点にもなります。

なお、救援物資の配布は、自治会などを通じて行います。

「災害に備えて自治会に入る!」はこちらからごらんください

地域防災ステーションは、市の一般財源、国からの交付金(社会資本整備総合交付金)を利用して整備しています

地域防災ステーションは、市の一般財源、国からの交付金(社会資本整備総合交付金)を利用し、平成28年度までに60カ所を整備しました。

(社会資本整備総合交付金)社会資本総合整備計画について詳しくはこちら(PDF:3,736KB)をご覧ください。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部市民安全政策室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6750

ファックス番号:072-724-6376

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?