箕面市 > 産業・まちづくり > 都市計画 > 住宅宿泊事業(民泊)の立地制限について

更新日:2019年6月24日

ここから本文です。

住宅宿泊事業(民泊)の立地制限について

1.概要

箕面市では、住宅地を始めとする一部地域において良好な居住環境を守るため、都市計画法による特別用途地区及び地区計画を活用して、条例(令和元年6月26日施行)により住宅宿泊事業(以下、「民泊」という。)の立地を制限しています。

・報道発表資料はこちら
(箕面市の良好な住環境を守るため、民泊が実施できないエリアを定めました~条例により住宅地で民泊をできないよう定めます~)

・住宅宿泊事業(民泊)に関するその他の情報はこちら

2.対象エリアについて

民泊の立地を制限しているのは以下のエリアです。

  • 特別用途地区(居住環境保全地区)による制限の対象エリア(下図のうち紫色のエリア)
    第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、
    第一種住居地域(※1)
    (※1)…民泊の用に供する床面積の合計が3,000平方メートルを超えるものに限る
  • 地区計画による制限の対象エリア(下図のうち青色のエリア)
    1.彩都粟生地区地区計画(※2)
     施設導入地区1、施設導入地区2
    2.水と緑の健康都市地区(=箕面森町地区)地区計画(※2)
     計画住宅地区1、計画住宅地区2、教育施設地区、沿道施設地区1、沿道施設地区2、センター施設地区、広域誘致施設地区
    (※2)…彩都粟生地区及び箕面森町地区の地区計画区域内において、地区計画による制限の対象でないエリアは特別用途地区(居住環境保全地区)の対象エリアであるため、全域で民泊の立地を制限しています。

お住まいの用途地域等の確認はこちら

民泊制限エリア

3.パブリックコメントの実施結果について

「住宅宿泊事業(民泊)の立地制限にかかる都市計画変更について」の意見募集を平成31年(2019年)2月21日から3月22日まで実施しました。

パブリックコメント資料

実施結果

 パブリックコメント実施結果について(PDF:140KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部まちづくり政策室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6810

ファックス番号:072-722-2466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?