更新日:2021年6月29日

ここから本文です。

妊婦健康診査

妊婦健康診査を受けましょう

箕面市では、妊婦健康診査の公費助成を14回(多胎妊娠のかたは19回)実施しています。

(令和3年4月から、多胎妊娠のかたへの妊婦健康診査の公費助成が追加になりました。)

母子健康手帳交付時にお渡しする妊婦健康診査受診券により、大阪府内の医療機関、助産所で妊婦健康診査の公費助成を受けることができます。(一部の医療機関を除く)

  • 受診券は、それぞれの健診回数に1枚ずつ使用できます。(複数枚使用不可)
  • 1回目の使用は、初回の血液検査時に使用してください。2回目以降は、医療機関とご相談の上使用してください。
  • 公費助成上限を超えた金額は自己負担となります。

 

【受診券】

回数 公費助成上限
1回目 各25,000円

2回目から7回目

各6,000円

8回目 15,000円
9回目 6,000円
10回目 5,840円
11回目 7,000円
12回目 12,000円
13回目から14回目 各5,000円
116,840円
15回目から19回目(多胎妊娠のかた) 各5,000円
計(多胎妊娠のかた) 141,840円

里帰りなど、府外で受診する場合

申請により、健診費用の一部が返還されますので、受診日から1年以内に申請してください。

申請場所 市役所別館2階22番窓口子どもすこやか室
申請時に必要なもの

医療機関等の領収書、医療機関の診療費明細書、母子健康手帳、申請者本人名義(妊産婦本人名義)の銀行口座がわかるもの、未使用の妊婦健康診査受診券

還付金額 医療機関に支払った金額(妊婦健康診査分)と公費助成の上限額のいずれか低いほうの額
申請期間 受診日から1年以内
受付時間 月曜日から金曜日(8時45分から17時15分)

箕面市妊婦健康診査費助成金申請書兼請求書(PDF:48KB)

郵送での手続きも可能です。詳しくは子どもすこやか室までお問い合わせください。

妊娠中に箕面市へ転入したら

転入前の市町村で交付された妊婦健康診査受診券は使用できません。箕面市の妊婦健康診査受診券と交換する必要がありますので申請手続きが必要です。

申請場所 市役所別館2階22番窓口子どもすこやか室
申請時に必要なもの 母子健康手帳、転入前の市町村で交付された未使用の妊婦健康診査受診券
受付時間 月曜日から土曜日(8時45分から17時15分)

 

 

 

 

お知らせ

  • 現在はありません。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子どもすこやか室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6768

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?