箕面市 > くらし・環境 > ペット・動物 > 狩猟期間のお知らせ

更新日:2020年11月12日

ここから本文です。

狩猟期間のお知らせ

狩猟期間

令和2年11月15日(日曜日)から令和3年3月15日(月曜日)まで

  • シカ、イノシシ以外の鳥獣は、令和3年2月15日(月曜日)曜日まで

 

山に入るときには狩猟にご注意ください

箕面川ダム周辺や止々呂美地区の山中は、猟区となっているところがあり保護区以外では、狩猟をしていることがあります。保護区についてはこちらをごらんください。(外部サイトへリンク)

ハイキング、山菜採りで山中に立ち入る場合は、狩猟者との事故を防ぐために、次のことを心がけてください。

目立つ服装をしましょう

  • 狩猟者に自分の存在を知らせるために、黄色、オレンジ色、蛍光色といった目立つ色の服、帽子、バンダナを着用するのがいいでしょう。
  • 山中で犬の鳴き声がしたら近くで狩猟が行われている可能性が高いので、安全のため速やかにその場所から離れてください。

「わな」にご注意

 

  • 「箱わな」「くくりわな」には標識を付けてあり、周辺に「わな設置看板」を設けています。
  • 見かけた場合は危険防止のため、近づかないようにしてください。

 

ori2

 

 

 

 

箱わな

 

 

 

 

 

 

 

狩猟をしている場所について

大阪府の鳥獣保護区などの位置や猟禁止区域の位置については、大阪府のホームページをご確認ください。(外部サイトへリンク)

 

 

狩猟とは

狩猟者が銃器、網、わなを使用して、猟区内で狩猟鳥獣を捕獲することです。

また、狩猟鳥獣以外の狩猟は禁じられています。

狩猟をするには

狩猟制度の概要については、環境省のホームページをご確認ください。(外部サイトへリンク)

銃猟、網猟、わな猟の狩猟免許を取得した人が、大阪府に狩猟者登録をし、狩猟ができる区域・期間・猟法など、法令で定められた制限を遵守しなければなりません。

狩猟鳥獣とは

日本に生息する野生鳥獣約700種の内から、その肉又は毛皮を利用する目的、生活環境・農林水産業又は生態系への被害を防止する目的で捕獲の対象となる鳥獣をいいます。

捕獲により生育状況に著しく影響を及ぼす恐れのないヤマドリ・マガモ・タヌキ・キツネ・シカ・イノシシなど49種(鳥類29種、獣類20種)を環境省が定めています。

 

特に今年度は、大阪府の許可による学術捕獲が下記の日程で予定されています。入山される方は、くれぐれも気をつけてください。

・令和2年11月28日(土曜日) ・令和2年11月29日(日曜日)

・令和2年12月26日(土曜日)  ・令和2年12月27日(日曜日)

・令和3年2月6日(土曜日)  ・令和3年2月7日(日曜日)

・令和3年3月6日(土曜日)  ・令和3年3月7日(日曜日)

いずれも時間は日の出より日没まで、雨天の場合は中止

場所:上止々呂美・下止々呂美の山中

方法:銃器使用

目的:野生鳥獣肉による食餌性感染症罹患リスクの低減に関する研究

狩猟者:別府大学 食物栄養学部 加藤礼識 電話番号0977-86-6716

許可者:大阪府北部農と緑の総合事務所 電話番号:072-627-1121

・お問い合わせは、上記狩猟者又は大阪府へお願いします。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部環境動物室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-7039

ファックス番号:072-723-5581

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?