更新日:2020年3月12日

ここから本文です。

危険ごみ

危険ごみとは?

  • 水銀などの有害物質を使用している乾電池、蛍光灯、水銀体温計、水銀血圧計
  • ライター、スプレー缶、カセット式ガスボンベ

LED照明・白熱球・ハロゲン球などの電球、電子体温計は、不燃ごみですのでご注意ください。

出しかた

月2回、危険ごみの日に出してください。

  • 蛍光灯は破損しないように、買い換えた商品の包装や新聞紙に包んでください。
  • 乾電池・水銀体温計、水銀血圧計は散乱しないように、中身が見える透明な袋に入れてください。
  • ライター、スプレー缶、カセット式ガスボンベは、必ずペットボトルとは別のかご型容器に直接入れてください

危険ごみのみを出される場合は、市指定の「燃えないごみ専用袋」を使用する必要はありません。

スプレー缶などの出しかたにご注意ください

スプレー缶のガスが原因とみられる大きな爆発・火災事故が発生しています。

箕面市では、スプレー缶・カセット式ガスボンベなどをごみとして出す場合、穴を開ける必要はありません。中身を使い切らず出してもかまいません。

実際に以下の事故が発生しています。

乾電池およびボタン電池の保管について

電池類は、衝撃を与えたり、電池同士や金属部との接触でショート・発熱・破裂・発火することがあります。
電極(+極、-極)をセロテープやビニールテープなどで覆ってください。
貼り付けかたなどについては、下記外部サイトを参考にしてください。

一般社団法人電池工業会(外部サイトへリンク)
なお、ボタン電池は上記法人による自主回収も行われています。
上記ホームページ内右側にボタン電池回収推進センターのページがあります。

お問い合わせ

所属課室:市民部環境整備室 

箕面市大字粟生間谷2898-1

電話番号:072-729-2371

ファックス番号:072-729-7337

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?