更新日:2018年9月1日

ここから本文です。

大型ごみ

月2回、大型ごみの日に出してください。

大型ごみの例

市の指定袋に入らない大きさで、長辺3メートルまでの持ち運べるものです。

大型ごみの例

たんす、テーブル、いす、カーペット、ふとん、自転車などです。

出しかた

  • 一番長い部分(長辺)をはかってください。長辺(一番長いところ)が1.5メートルまでのものは、処理券1枚、長辺(一番長いところ)が1.5メートルを超えて3メートルまでのものは、処理券2枚を収集作業員から見えやすい場所に、大型ごみ処理券を直接貼り付けてください。
  • 処理券は、「箕面市指定ごみ袋取扱店」で購入してください。
  • 購入いただいた料金は払い戻しできません。また、破損や紛失などした場合でも再発行はできません。
  • 1回の収集日につき、1個まで出せます。引っ越し・大掃除・イベントなどで一時的に多量のごみを出すなど、1回の排出量制限を超えた個数のごみを一度に処理したい場合は臨時収集を申し込んでください。
  • 敷物・ふとんなどは、ひもでくくって、ひもに処理券を貼ってください。
  • 折る、曲げるなど工夫して市指定袋に入れれば、「燃えるごみ」「不燃ごみ」として出すことができます。
  • 石油ストーブ・石油ファンヒーターは、灯油を抜くか使い切り、乾電池を必ず抜く(抜いた灯油は購入店へ返却してください)。火災事故の原因になりますので必ず守ってください。

大型ごみに出せないもの

  • 家電リサイクル法対象品(エアコン・ブラウン管式テレビ・液晶式テレビ・プラズマ式テレビ・洗濯機・冷蔵庫・冷凍庫・衣類乾燥機)
  • 資源有効活用促進法のパソコン機器(デスクトップパソコン本体、ノートパソコン、CRT(ブラウン管式)ディスプレイ、LCD(液晶)ディスプレイです。
  • 処理困難物(処理困難物のページをご覧ください)スプリング入りマットレスなどです。
  • 排出禁止物(排出禁止物のページをご覧ください)

次のような場合は臨時収集を申し込んでください(有料)

  • 引っ越し・大掃除などで一時的に多量のごみが出た。
  • 処理困難物を出すとき。※通常の収集に出せないごみ(処理困難物)のページをご覧ください。
  • 1回の排出量制限を超えた個数のごみを一度に処理したい。

収集を希望するときは、環境整備室(072-729-2371)へ電話予約をしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部環境整備室 

箕面市大字粟生間谷2898-1

電話番号:072-729-2371

ファックス番号:072-729-7337

所属課室:市民部環境クリーンセンター 

箕面市大字粟生間谷2898-1

電話番号:072-729-4280

ファックス番号:072-728-3156

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?