更新日:2021年1月27日

ここから本文です。

箕面市民がん検診

日本人の死因第1位は「がん」です。

日本人の「2人に1人」はがんになり、「3人に1人」はがんで亡くなります。

しかし、早期に発見し適切な治療を受ければ、治る確率の高い病気でもあります。

自覚症状が無いうちから定期的に検診を受け、がんを早期に発見しましょう。

コロナ禍でがん検診の受診を控えているかたへ

定期的にがん検診を受けることががんの早期発見・早期治療につながります。

新型コロナウイルス感染症への感染の懸念による過度な受診控えは、がんの発見を遅らせ、健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。

医療機関では、院内感染防止のガイドライン等に基づき、感染対策に取り組んでいます。

受診の前に体温を測定し体調に問題がないことを確認する、帰宅したら手洗いを行うなどの感染対策をしっかり行いながら受診するようにしましょう。

上手な医療のかかり方動画 がん検診篇( 外部サイトへリンク )

がん検診の受診について

検診の種類

胃がん検診

肺がん

大腸がん

子宮頸がん

乳がん検診

前立腺がん検診

肝炎ウイルス検査

 

検診を受ける前に・・・

  • 定期的に検診を受診しましょう。
  • がん検診の結果、精密検査が必要と診断された場合は、必ず精密検査を受けましょう。なお、精密検査は通常の保険診療となりますので、料金がかかります。必ず健康保険証を持参してください。

がん検診の技術は進歩していますが、がんはある一定の大きさになるまで発見できません。見つけづらい場所にあり、がんを見落とすこともあります。また、検査の内容によっては、放射線の被曝(ひばく)など身体に負担がかかってしまうなど、がん検診の受診によるデメリットがあります。しかし、それよりも早期にがんを見つけ、がんによる死亡を減らすというすばらしいメリットがあります。

  • 市が実施する健(検)診などは、統計処理のうえ、市の保健事業データとして活用しますので、あらかじめ御了承ください。また、健(検)診受診者のかたに健康教育や保健指導などのご案内をすることがあります。
  • 検診部位を治療中のかた、経過観察中のかたは、がん検診は受診できません。また、すでに自覚症状があるかたは、検診ではなく医療機関を受診し診察を受けてください。

毎年2月、3月は非常に混み合い、予約が取れない場合があります。早めに予約・受診してください。

     

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域保健室 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-9507

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?