更新日:2020年5月14日

ここから本文です。

箕面市大腸がん検診

大腸がん検診

大腸がんは、近年、男女ともにり患率(かかる割合)が増加しているがんです。
早期には自覚症状がほとんどありませんので、検診をうけましょう。

  • 対象者:40歳以上のかた
  • 受診機会:年度内1回(4月1日から翌年3月31日までの間)
  • 内容:便検査(受診する医療機関から「採便容器」を受け取り、2日分の便を採取してください。
  • 実施場所:指定医療機関
  • 費用:無料
  • 注意事項:1年以内に全大腸内視鏡検査を受けたかたは受診できません。

大腸がんについて

  • 症状

大腸がんは、早期の段階では自覚症状がほとんどありません。がんが進行すると、血便、下血(腸からの出血により赤または赤黒い便が出る、便の表面に血液が付着する)、下痢と便秘の繰り返し、おなかが張る、貧血などの症状があらわれます。
特に頻度の高い血便や下血は、痔などの良性の病気でもみられるため、そのような症状があらわれた場合は、大腸がん検診を受診せず、すぐに医療機関で診察を受けましょう。

  • 原因

大腸がんの発生は、生活習慣と関わりがあるとされています。赤肉(牛、豚、羊など)や加工品(ベーコン、ハム、ウインナーなど)の摂取、飲酒、喫煙によりリスクが高まります。また、家族歴(直系の家族に大腸がんにかかった人がいる)との関わりもあるとされています。

 

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域保健室 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-9507

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?