更新日:2020年5月15日

ここから本文です。

箕面市胃がん検診

胃がん検診

胃がんは、50歳代以降からり患率(かかる割合)が増え始めます。胃がんは医療の進歩とともに治療法が確立されてきているので、早期に発見するためにも検診をうけましょう。

  • 対象者:40歳以上のかた
  • 受診機会:年度内1回(4月1日から翌年3月31日までの間)
  • 内容:胃部レントゲン検査(バリウム検査)
  • 実施場所:指定医療機関
  • 費用:無料
  • 注意事項:妊娠中または可能性のあるかた、腸閉塞の既往歴があるかたは受診できません。バリウム検査後に便秘で医療機関を受診したかたや大腸の疾患のあるかたは受診前に主治医にご相談ください。

胃がんについて

  • 症状

胃がんは早期の段階では自覚症状がなく、かなり進行しても無症状の場合があります。胃の痛み、胸やけ、吐き気などの症状があらわれることがありますが、胃炎や胃潰瘍との区別がつきにくいため気になる症状があらわれた場合は、医療機関を受診しましょう。

  • 原因

喫煙、過度の塩分摂取、野菜、果物の摂取不足などが、胃がんのリスクを高めるといわれています。

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域保健室 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-9507

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?