• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 外国人(がいこくじん)市民(しみん)向(む)け For Foreign Residents > みのお生活(せいかつ)ガイド > 住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)

ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)

English(英語(えいご))

住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)の設置(せっち)について

すべての住宅(じゅうたく)に「住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)」が必要(ひつよう)です。住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)はあなたや家族(かぞく)のいのちを守(まも)ります。

住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)は火災(かさい)による煙(けむり)や熱(ねつ)を感知(かんち)して、火災(かさい)の発生(はっせい)を警報音(けいほうおん)または音声(おんせい)で知(し)らせてくれる機器(きき)です。

平成(へいせい)23年(ねん)(2011年(ねん))6月(がつ)1日(にち)以降(いこう)、すべての住宅(じゅうたく)に住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)の設置(せっち)が義務(ぎむ)づけられています。

自動(じどう)火災(かさい)報知(ほうち)設備(せつび)やスプリンクラーが設置(せっち)されている場合(ばあい)は、住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)を設置(せっち)する必要(ひつよう)はありません。

「住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)」の取付(とりつけ)場所(ばしょ)

  1. 寝室(しんしつ)
  2. 台所(だいどころ)(平成(へいせい)27年(ねん)4月(がつ)から設置(せっち)が義務(ぎむ)づけられています。)
  3. 寝室(しんしつ)のある階(かい)の階段(かいだん)の踊(おど)り場(ば)(ただし直接(ちょくせつ)地上(ちじょう)へ通(つう)ずる階(かい)は除(のぞ)きます)
  4. 寝室(しんしつ)のない階(かい)で、7㎡以上(いじょう)の居室(きょしつ)が5以上(いじょう)ある階(かい)の廊下(ろうか)

「住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)」の種類(しゅるい)

煙(けむり)を感知(かんち)する「煙式(けむりしき)」と熱(ねつ)を感知(かんち)する「熱式(ねつしき)」の2種類(しゅるい)があります。
寝室(しんしつ)、階段(かいだん)、廊下(ろうか)には「煙式(けむりしき)」を設置(せっち)してください。台所(だいどころ)には「煙式(けむりしき)」、「熱式(ねつしき)」どちらを設置(せっち)しても結構(けっこう)ですが、火災(かさい)を早(はや)く感知(かんち)する「煙式(けむりしき)」をおすすめします。

「住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)」の購入(こうにゅう)場所(ばしょ)

電気店(でんきてん)や消防(しょうぼう)設備(せつび)取扱(とりあつかい)店(てん)、ホームセンターなどの量販店(りょうはんてん)で取扱(とりあつか)っています。

購入(こうにゅう)するときは、日本(にほん)消防(しょうぼう)検定(けんてい)協会(きょうかい)の検定(けんてい)に適合(てきごう)した「検(けん)」マーク又は「NS」マークがついているものを選(えら)んでください。

悪質(あくしつ)訪問(ほうもん)販売(はんばい)に注意(ちゅうい)

「住宅用(じゅうたくよう)火災(かさい)警報器(けいほうき)」の設置(せっち)義務化(ぎむか)を利用(りよう)して、不適正(ふてきせい)な価格(かかく)、無理強(むりじ)い販売(はんばい)などを行(おこな)う業者(ぎょうしゃ)に注意(ちゅうい)してください。

住宅(じゅうたく)用(よう)火災(かさい)警報器(けいほうき)の維持(いじ)管理(かんり)

住宅(じゅうたく)用(よう)火災(かさい)警報器(けいほうき)は古(ふる)くなると電子(でんし)部品(ぶひん)の寿命(じゅみょう)や電池(でんち)切(ぎ)れなどで、火災(かさい)を感知(かんち)しなくなることがあります。

また住宅(じゅうたく)用(よう)火災(かさい)警報器(けいほうき)のセンサー部分(ぶぶん)に「ほこり」や「くもの巣(す)」などがつくと、間違(まちが)って警報(けいほう)したり、火災(かさい)を感知(かんち)しにくくなることがありますので、安心(あんしん)して使(つか)うためにも、定期的(ていきてき)にボタンを押(お)す、又(また)はひもを引(ひ)いて作動(さどう)確認(かくにん)をし、10年(ねん)を目安(めやす)に交換(こうかん)してください。

なお機器(きき)によって作動(さどう)確認(かくにん)の時期(じき)や方法(ほうほう)が異(こと)なります。商品(しょうひん)付属(ふぞく)の取扱(とりあつかい)説明書(せつめいしょ)をよく読(よ)んでから確認(かくにん)を行(おこな)ってください。

  • 消防(しょうぼう)本部(ほんぶ)予防室(よぼうしつ)
    電話(でんわ):072-724-9995
    ファクス:072-724-3999

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:人権文化部人権施策課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6720

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?