• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 外国人(がいこくじん)市民(しみん)向(む)け For Foreign Residents > みのお生活(せいかつ)ガイド > 緊急(きんきゅう)(火事(かじ)や急病(きゅうびょう)のとき)

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

緊急(きんきゅう)(火事(かじ)や急病(きゅうびょう)のとき)

English(英語(えいご)

内容(ないよう)


電話(でんわ)をするときに気(き)をつけること

  1. 自分(じぶん)の住所(じゅうしょ)などを日本語(にほんご)で知(し)っておいてください。緊急(きんきゅう)のとき、役(やく)に立(た)ちます。
  2. 日本語(にほんご)を話(はな)すことができる人(ひと)に電話(でんわ)してもらえるように頼(たの)んでください。
  3. 英語(えいご)を話(はな)すときは、ゆっくり、はっきりと話(はな)してください。
  4. 住所(じゅうしょ)を間違(まちが)えないようにしてください。
  5. 自宅(じたく)の電話(でんわ)か携帯電話(けいたいでんわ)で緊急(きんきゅう)ダイヤル「119」(消防(しょうぼう)本部(ほんぶ)(火事(かじ)・救急(きゅうきゅう))に電話(でんわ)をしてください。

救急車(きゅうきゅうしゃ)を呼(よ)ぶとき

急病(きゅうびょう)やけがで病院(びょういん)に行(い)けないときは、救急車(きゅうきゅうしゃ)を呼(よ)んでください。

(1) 119に電話(でんわ)(携帯(けいたい)電話(でんわ)を含(ふく)む)をしてください。

(2) 「救急(きゅうきゅう)です」と言(い)います。
「救急(きゅうきゅう)患者(かんじゃ)がいます」、「交通(こうつう)事故(じこ)です」、「けがをしている人(ひと)がいます」と説明(せつめい)してください。
係員(かかりいん)に、あなたの名前(なまえ)、電話番号(でんわばんごう)、住所(じゅうしょ)(箕面市(みのおし)○○)、目標物(もくひょうぶつ)(近(ちか)くにある大(おお)きな建物(たてもの)など)を言(い)ってください。  

  • できるだけ病気(びょうき)やけがの状態(じょうたい)を説明(せつめい)してください。
    (全体(ぜんたい)の人数(にんずう)、性別(せいべつ)、年齢(ねんれい)、傷病者(しょうびょうしゃ)の容体(ようだい)、いつも行(い)っている病院(びょういん)の名前(なまえ))

(3)  救急車(きゅうきゅうしゃ)が到着(とうちゃく)するまでに、できるなら、次(つぎ)のことをしてください。

  • 応急手当(おうきゅうてあて)(心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)や止血(しけつ)など)をしてください。
  • 誘導(ゆうどう)する人(ひと)は、建物(たてもの)の外(そと)で救急車(きゅうきゅうしゃ)を待(ま)ってください。

(4) 救急車(きゅうきゅうしゃ)が到着(とうちゃく)したら、次(つぎ)のことを言(い)ってください。

  • 救急車(きゅうきゅうしゃ)が到着(とうちゃく)するまでの病気(びょうき)やけがの状況(じょうきょう)
  • どのような応急手当(おうきゅうてあて)を行(おこな)ったか
  • どのような病気(びょうき)をもっているか、いつも通(かよ)っている病院(びょういん)の名前(なまえ)

救急車(きゅうきゅうしゃ)には、状況(じょうきょう)を説明(せつめい)するときに、役立(やくだ)つ16か国語(こくご)の一覧表(いちらんひょう)があります。

 

消防車(しょうぼうしゃ)を呼(よ)ぶとき

火事(かじ)のときは、消防車(しょうぼうしゃ)を呼(よ)んでください。

(1) 119に電話(でんわ)(携帯(けいたい)電話(でんわ)を含(ふく)む)をしてください。

(2) 「火事(かじ)です」と言(い)います。
係員(かかりいん)にあなたの名前(なまえ)や電話番号(でんわばんごう)、火事現場(かじげんば)の住所(じゅうしょ)(箕面市(みのおし)○○)、目標物(もくひょうぶつ)(近(ちか)くにある大(おお)きな建物(たてもの)など)、何(なに)が燃(も)えているか、逃(に)げ遅(おく)れた人(ひと)はいるかを言(い)ってください。 

(3)消防車(しょうぼうしゃ)が到着(とうちゃく)するまでに、次(つぎ)のことを行(おこな)ってください。

  • 近(ちか)くの人(ひと)に火事(かじ)だと大(おお)きな声(こえ)でさけんでください。
  • 火事(かじ)が小(ちい)さいときは、消火器(しょうかき)で消(け)してください。火(ひ)を消(け)すことが難(むずか)しいと思(おも)ったときは、その場(ば)から逃(に)げてください。
  • 逃(に)げるときは、身体(からだ)を低(ひく)くしてください。口(くち)と鼻(はな)に濡(ぬ)れタオルをあてて、煙(けむり)を吸(す)わないようにしてください。
  • 逃(に)げるときは、エレベーターを使(つか)わないで、階段(かいだん)を使(つか)ってください。

≪消防(しょうぼう)本部(ほんぶ)≫
電話(でんわ)(携帯(けいたい)電話(でんわ)を含(ふく)む):119(緊急(きんきゅう) 火事(かじ)・救急(きゅうきゅう))
072-724-5678(緊急(きんきゅう)以外(いがい))
ファクス:072-724-6416

≪消防本部(しょうぼうほんぶ) 通信指令室(つうしんしれいしつ)≫
電話(でんわ):072-724-5678
ファクス:072-724-6416

 土曜日(どようび)、日曜日(にちようび)、夜間(やかん)に急病(きゅうびょう)やけがで病院(びょういん)に行(い)くとき

土曜日(どようび)、日曜日(にちようび)、夜間(やかん)に急病(きゅうびょう)やけがで病院(びょういん)へ行(い)くときは、できれば行(い)く前(まえ)に電話(でんわ)してください。

内科(ないか)、外科(げか)は箕面市立病院(みのおしりつびょういん)へ行(い)ってください。

小児科(しょうにか)(中学生(ちゅうがくせい)以下(いか))は豊能広域(よとのこういき)こども急病(きゅうびょう)センターへ行(い)ってください。

歯科(しか)は箕面市立病院(みのおしりつびょういん)(日曜日(にちようび)と祝日(しゅくじつ)の日中(にっちゅう))へ行(い)ってください。


≪箕面市立病院(みのおしりつびょういん)≫
電話(でんわ):072-728-2001 
ファクス:072-728-7482
住所(じゅうしょ):箕面市(みのおし)萱野(かやの)5-7-1

休診日(きゅうしんび):土曜日(どようび)、日曜日(にちようび)、祝日(しゅくじつ)、12月(がつ)29日(にち)から1月(がつ)3日(にち) ・ ただし、救急患者(きゅうきゅうかんじゃ)は24時間(じかん)受付(うけつ)けています。

小児科(しょうにか)と歯科(しか)の受付(うけつけ)は下(した)を見(み)てください。

診療科(しんりょうか) 

受付時間(うけつけじかん)

小児科(しょうにか)

豊能広域(とよのこういき)こども急病(きゅうびょう)センターで診療(しんりょう)を行(おこな)っていない時間(じかん)

(豊能広域(とよのこういき)こども急病(きゅうびょう)センターで診療(しんりょう)を行(おこな)っている時間(じかん)は豊能広域(とよのこういき)こども急病(きゅうびょう)センターへ行(い)ってください。)

(豊能広域(とよのこういき)こども急病(きゅうびょう)センター
    URL:http://www.toyono-kodomo.jp/( 外部サイトへリンク )

歯科(しか)

日曜日(にちようび)、祝日(しゅくじつ)、12月(がつ)29日(にち)から1月(がつ)3日(にち)

午前(ごぜん)9時(じ)30分(ふん)から午後(ごご)4時(じ)30分(ふん)

  


≪豊能広域(とよのこういき)こども急病(きゅうびょう)センター≫
診療科(しんりょうか)は小児科(しょうにか)(中学生(ちゅうがくせい)以下(いか))です。
電話(でんわ):072-729-1981 
ファクス:072-728-4194
住所(じゅうしょ):箕面市(みのおし)萱野(かやの)5-1-14

受付時間(うけつけじかん):

曜日(ようび)

時間(時間)

月曜日(げつようび)から金曜日(きんようび)

(祝日(しゅくじつ)は除(のぞ)く)

午後(ごご)6時(じ)30分(ふん) から

  次(つぎ)の日(ひ)の午前(ごぜん)6時(じ)30分(ふん)

土曜日(どようび)

(祝日(しゅくじつ)は除(のぞ)く)

午後(ごご)2時(じ)30分(ふん) から

  次(つぎ)の日(ひ)の午前(ごぜん)6時(じ)30分(ふん)

日曜日(にちようび)、祝日(しゅくじつ)、

12月(がつ)29日(にち)から1月(がつ)3日(にち)

午前(ごぜん)8時(じ)30分(ふん) から

  次(つぎ)の日(ひ)の午前(ごぜん)6時(じ)30分(ふん)

 

  •  けがや骨折(こっせつ)、やけど、異物(いぶつ)を誤飲(ごいん)したときは、豊能(とよの)広域(こういき)こども急病(きゅうびょう)センターを受診(じゅしん)できません。

≪大阪府(おおさかふ)救急(きゅうきゅう)医療(いりょう)情報(じょうほう)センター≫
電話(でんわ):06-6693-1199(365日24時間(じかん)受付(うけつ)けています)
近(ちか)くの病院(びょういん)について知(し)りたいときは、電話(でんわ)してください。

 

 救急(きゅうきゅう)安心(あんしん)センターおおさか

急(きゅう)な病気(びょうき)やけがのとき、救急車(きゅうきゅうしゃ)が必要(ひつよう)かどうか分(わ)からない人(ひと)は、「救急(きゅうきゅう)安心(あんしん)センターおおさか」に電話(でんわ)してください。

365日(にち)、24時間(じかん)、受付(うけつ)けます。

相談員(そうだんいん)、看護師(かんごし)が医師(いし)の支援体制(しえんたいせい)のもとアドバイスします。

通話料金(つうわりょうきん)は必要(ひつよう)ですが、相談(そうだん)は無料(むりょう)です。

助(たす)けが必要(ひつよう)なときは、迷(まよ)わず「119」に電話(でんわ)してください。

≪救急(きゅうきゅう)安心(あんしん)センターおおさか≫
電話(でんわ):#7119 または 06-6582-7119

 

≪消防本部(しょうぼうほんぶ) 消防(しょうぼう)企画室(きかくしつ)≫

電話(でんわ):072-724-9009

ファクス:072-724-3999

小児(しょうに)救急(きゅうきゅう)電話(でんわ)相談(そうだん)

電話(でんわ):#8000または06-6765-3650(相談時間(そうだんじかん)午後(ごご)8時(じ)から次(つぎ)の日(ひ)の午前(ごぜん)8時(じ)まで)

子(こ)どもの急(きゅう)な病気(びょうき)の時(とき)、病院(びょういん)へ行(い)った方(ほう)がよいかどうか判断(はんだん)に迷(まよ)ったかたは、「小児救急電話相談(しょうにきゅうきゅうでんわそうだん)」に電話(でんわ)してください。通話料金(つうわりょうきん)は必要(ひつよう)ですが、相談(そうだん)は無料(むりょう)です。小児科医(しょうにかい)の支援体制(しえんたいせい)のもと、看護師(かんごし)と保健師(ほけんし)が相談(そうだん)に応(おう)じます。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:人権文化部人権施策課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6720

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?