• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

国民健康保険(こくみんけんこうほけん)

English(英語(えいご))

日本(にほん)に3ヶ月(かげつ)以上(いじょう)滞在(たいざい)している外国人(がいこくじん)(会社(かいしゃ)の公的医療保険(こうてきいりょうほけん)に入(はい)っている人(ひと)とその家族(かぞく)、75歳(さい)以上(いじょう)の人(ひと)は除(のぞ)く)は、国民健康保険(こくみんけんこうほけん)に加入(かにゅう)しなければなりません。(平成(へいせい)24年(ねん)7月(がつ)から)

国民健康保険(こくみんけんこうほけん)に加入(かにゅう)して、毎月(まいつき)保険料(ほけんりょう)を払(はら)っていると、治療(ちりょう)を受(う)けるときにかかるお金(かね)(治療費)(ちりょうひ)が一部(いちぶ)の支払(しはら)いですみます。

 

≪国民(こくみん)健康(けんこう)保険室(ほけんしつ)≫
電話(でんわ):072-724-6734
ファクス:072-724-6040

 

内容(ないよう)

 

 健康(けんこう)保険(ほけん)に加入(かにゅう)していると

診察料(しんさつりょう)

治療(ちりょう)を受(う)ける場合(ばあい)は、病院(びょういん)へ保険証(ほけんしょう)を持(も)って行(い)き、受付(うけつけ)に見(み)せてください。

治療費(ちりょうひ)の30パーセントだけを支払(しはら)います。(医療保険(いりょうほけん)が使(つか)えない治療費(ちりょうひ)はすべて支払(しはら)います。)

高額(こうがく)療養費(りょうようひ)

高額(こうがく)な治療(ちりょう)を受(う)けて、治療費(ちりょうひ)の月額(げつがく)が一定額(いっていがく)を超(こ)えると、その超(こ)えた分(ぶん)のお金(かね)が戻(もど)ってきます。

戻(もど)ってくるお金(かね)を受(う)け取(と)るときは、市役所(しやくしょ)からの通知(つうち)により申請(しんせい)します。

出産(しゅっさん)

子(こ)どもを産(う)んだ病院(びょういん)に、国民健康保険(こくみんけんこうほけん)から、42万円(まんえん)の出産育児一時金(しゅっさんいくじいちじきん)(子(こ)どもを産(う)んだときにもらえるお金(かね)のこと)が支払(しはら)われます。(この制度(せいど)が使用(しよう)できない病院(びょういん)もあります。病院(びょういん)に聞(き)いてください。)

  • 子(こ)どもを産(う)んだ費用(ひよう)(お金(かね))が42万円(まんえん)より多(おおい)いときは、足(た)りないお金(かね)を病院(びょういん)に払(はら)ってください。
  • 子(こ)どもを産(う)んだ費用(ひよう)(お金(かね))が42万円(まんえん)より少(すく)ないとき、世帯主(せたいぬし)は残(のこ)ったお金(かね)を国民健康保険(こくみんけんこうほけん)からもらうことができます。
  • 国民健康保険(こくみんけんこうほけん)に入(はい)っている人(ひと)が、日本(にほん)以外(いがい)で子(こ)どもを産(う)んだときや妊娠週数(にんしんしゅうすう)が22週(しゅう)より少(すく)ないとき、出産育児一時金(しゅっさんいくじいちじきん)が39万円(まんえん)になります。

死亡(しぼう)

国民健康保険(こくみんけんこうほけん)に入(はい)っている人(ひと)が死亡(しぼう)したときは、お葬式(そうしき)をした人(ひと)が3万円(まんえん)の葬祭費(そうさいひ)をもらうことができます。学生(りゅうがくせい)は、治療費(ちりょうひ)について詳(くわ)しいことを学校(がっこう)に聞(き)いてください。

 

≪国民(こくみん)健康(けんこう)保険室(ほけんしつ≫

電話(でんわ):072-724-6734
ファクス:072-724-6040

 

 国民健康保険(こくみんけんこうほけん)へ加入(かにゅう)

基準(きじゅん)

3ヶ月(かげつ)以上(いじょう)日本(にほん)に滞在(たいざい)すると認(みと)められる人(ひと) 

保険証(ほけんしょう)は日本(にほん)だけで使(つか)うことができます。

住所(じゅうしょ)が変(か)わったときは手続(てつづ)きをしなければいけません。

箕面市外(みのおしがい)に引(ひ)っ越(こ)したときは、箕面市役所(みのおしやくしょ)に保険証(ほけんしょう)を返(かえ)して保険料(ほけんりょう)を精算(せいさん)します。

新(あたら)しい保険証(ほけんしょう)を引(ひ)っ越(こ)し先(さき)の役所(やくしょ)で受取(うけと)ってください。

日本(にほん)を出国(しゅっこく)するときは、保険証(ほけんしょう)を返(かえ)し、保険料(ほけんりょう)を精算(せいさん)することを忘(わす)れないでください。

 

 保険料(ほけんりょう)

国民健康保険(こくみんけんこうほけん)に加入(かにゅう)すると保険料(ほけんりょう)の支払(しはら)いが始(はじ)まります。

支払(しはら)う金額(きんがく)は前年(ぜんねん)の1年間(ねんかん)の総所得(そうしょとく)をもとに計算(けいさん)します。

保険料(ほけんりょう)は口座(こうざ)引(ひ)き落(お)としによって支払(しはら)います。必(かなら)ず口座(こうざ)振替(ふりかえ)の手続(てつづ)きをしてください。キャッシュカードがあれば簡単(かんたん)に手続(てつづ)きできます。口座(こうざ)がない場合(ばあい)は、ご相談(そうだん)ください。

 

 保険(ほけん)の方針(ほうしん)

故意(こい)にけがをしたときは、国民健康保険(こくみんけんこうほけん)から治療費(ちりょうひ)を支払(しはら)いません。

交通事故(こうつうじこ)

交通事故(こうつうじこ)でけがをしたとき、治療費(ちりょうひ)は事故(じこ)の責任(せきにん)を負(お)う人(ひと)が支払(しはら)います。

治療費(ちりょうひ)を国民健康保険(こくみんけんこうほけん)を使(つか)って支払(しはら)うときは、市役所(しやくしょ)に相談(そうだん)してください。

 

 会社(かいしゃ)の健康保険(けんこうほけん)(社会保険(しゃかいほけん))

会社(かいしゃ)で働(はたら)いている人(ひと)やその家族(かぞく)は会社(かいしゃ)の健康保険(けんこうほけん)や社会保険(しゃかいほけん)に加入(かにゅう)している場合(ばあい)があります。

詳(くわ)しいことは会社(かいしゃ)に聞(き)いてください。

 

 後期高齢者医療(こうきこうれいしゃいりょう)

後期高齢者医療制度(こうきこうれいしゃいりょうせいど)は、75歳(さい)以上(いじょう)の人(ひと)の医療保険(いりょうほけん)制度(せいど)です。

75歳(さい)になると、国民健康保険(こくみんけんこうほけん)や会社(かいしゃ)の健康保険(けんこうほけん)から後期高齢者医療(こうきこうれいしゃいりょう)(医療保険(いりょうほけん))に移(うつ)ります。

受診(じゅしん)方法(ほうほう)や手続(てつづ)き、保険料(ほけんりょう)の支払(しはら)いなどについては、国民健康保険(こくみんけんこうほけん)とほとんど同(おな)じです。

詳(くわ)しいことは、大阪府(おおさかふ)後期高齢者医療広域連合(こうきこうれいしゃいりょうこういきれんごう)または介護(かいご)・医療(いりょう)・年金室(ねんきんしつ)で聞(き)いてください。

≪大阪府(おおさかふ)後期(こうき)高齢者(こうれいしゃ)医療(いりょう)広域(こういき)連合(れんごう)≫
電話(でんわ):06-4790-2031

≪介護(かいご)・医療(いりょう)・年金室(ねんきんしつ)≫
電話(でんわ):072-724-6739
ファクス:072-724-6040

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:人権文化部人権施策課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6720

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?