更新日:2020年12月1日

ここから本文です。

箕面市のごみ処理の流れ

箕面市では燃えるごみ、不燃ごみ・危険ごみ、大型ごみ、あきかん・あきびんの分別収集及び、ペットボトルの分別収集と拠点回収を行っています。

ごみ処理の流れ

燃えるごみ 大型ごみ 燃えないごみ あきかん あきびん 乾電池 蛍光灯 ペットボトル 容器包装プラスチック

燃えるごみ

燃えるごみは、焼却炉で焼却しています。焼却後の固化灰や不燃物は、(財団法人)大阪湾広域臨海環境整備センターの埋立処分場へ運んで埋立てています。焼却炉から出てくる焼けた鉄分は再資源化しています。

大型ごみ・不燃ごみ

大型ごみや不燃ごみは、破砕機で細かく砕いて鉄やアルミなどを取り出し、再資源化しています。

あきかん・あきびん

あきかんやあきびんは、リサイクルセンターでスチールかん・アルミかん、透明・茶色・その他の色のカレット(びんをこまかく砕いたもの)に選別して、再資源化しています。

乾電池・蛍光灯

乾電池はそのまま袋詰めします。水銀体温計なども水銀が飛散しないように袋詰めします。

乾電池

乾電池

 

水銀体温計

水銀体温計

 

蛍光管は水銀が大気へ排出されないように専用の蛍光管破砕機で砕いて、ドラム缶詰めします。

蛍光管破砕機

蛍光管破砕機


乾電池や蛍光管は北海道の再生工場に送り、水銀、亜鉛、鉄などを再資源化しています。

北海道

ペットボトル

ペットボトルは減容機で圧縮することでベール(四角い固まり)にして、再資源化しています。

ペットボトル減容機

 ペットボトル減容機

 

ペットボトルのベール

ペットボトルのベール

 


 

再資源化を効率よく続けていくためには、ごみを出すみなさんのご協力が欠かせません。これからもご協力をお願いします。   

 

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部環境クリーンセンター

電話番号:072-729-4280

ファックス番号:072-728-3156

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?