箕面市 > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 子どもの予防接種 > 造血細胞移植(骨髄移植など)後の定期予防接種再接種費用を助成します。

更新日:2018年9月20日

ここから本文です。

造血細胞移植(骨髄移植など)後の定期予防接種再接種費用を助成します。

箕面市では、骨髄移植などの造血細胞移植を行ったことで、それまでに接種していた子どもの予防接種で得た免疫を失ったかたに対して再接種する費用を助成します。

再接種の助成には事前に手続きが必要ですので、必ず担当窓口(子どもすこやか室:072-724-6768)までご連絡ください。

対象者

次の1~3のいずれにも該当する人が対象者となります。

1.造血細胞移植により予防接種で得た免疫が低下又は消失していると医師が判断していること。

2.再接種を受ける日において、箕面市の住民基本台帳に記録されていること。

3.再接種を受ける日において、20歳未満であること。(ただし予防接種法施行規則第2条の6(ワード:9KB)の表の上欄に掲げる特定疾病にかかる予防接種にあっては、それぞれ同条の規定による年齢に達するまで)

助成対象予防接種

次の1,2のいずれにも該当するものが対象となります。

1.予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病(ワード:9KB)であるもの。(造血細胞移植を受けるまでに接種しているもの。)

2.使用するワクチンが予防接種実施規則の規定によるもの。

助成金の額

(1)助成金額は、再接種費用として医療機関に支払った金額です。ただし、予防接種ごとに助成金額に上限があります。詳しくは子どもすこやか室にお問い合わせください。

(2)抗体検査や医師の意見書に係る費用は助成の対象にはなりません。

手続き方法

1.事前申請

再接種を希望されるかたは、必ず再接種を受ける前に、母子健康手帳を持参し、子どもすこやか室窓口までお越しください。

【受付窓口】

子ども未来創造局子どもすこやか室

場所:箕面市西小路4-6-1箕面市役所別館2階(22番窓口)

電話番号:072-724-6768

【持ち物】

母子健康手帳、印鑑

【必要書類】1,2は窓口でお渡しします。(下記からダウンロードもできます)

1.「箕面市定期予防接種再接種費用自己負担金助成対象認定申請書」(様式第1号(ワード:15KB)):申請者記入用

2.「箕面市定期予防接種再接種費用自己負担金助成対象認定にかかる意見書」(様式第2号(ワード:14KB)):医師記入用

3.母子健康手帳の写し(造血細胞移植以前の定期予防接種の履歴が確認できるもの)

2.助成認定

申請受理後、内容審査を行い、認定された場合「箕面市定期予防接種再接種自己負担金助成対象認定通知書」を発行します。

3.予防接種の再接種

(1)認定された予防接種について、医療機関にて再接種を受けます。

(2)接種費用については一旦全額自己負担でお支払いいただき、予防接種を受けた医療機関の領収書(予防接種の種類、接種日が記載されたもの)と、予防接種を受けたことが確認できる書類(予診票など)を受け取ってください。

4.再接種費用の交付申請

下記の書類を子どもすこやか室へ提出してください。

1.「箕面市定期予防接種再接種自己負担金助成金交付申請書」(事前申請時にお渡しします)

2.予防接種を受けた医療機関の領収書(予防接種の種類、接種日が記載されたもの)

3.予防接種を受けたことが確認できる書類(予診票など)

4.振込先が確認できるもの(預金通帳の写しなど)

5.助成金の振り込み

申請から振り込みまで、1か月程度かかる場合があります。

 

 


よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子どもすこやか室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6768

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?