更新日:2010年3月1日

ここから本文です。

戸籍に関する証明について

戸籍(現在戸籍)

「現在戸籍」とは、今現在どなたかが在籍されている戸籍のことです。主にパスポート申請や戸籍の届出など、通常、戸籍の全部(個人)事項証明書、または戸籍謄本(抄本)が必要なときには、この現在戸籍が発行されます。

除籍

「除籍」とは、婚姻や死亡などによって在籍者全員が該当の戸籍から除籍になるか、または転籍によって消除された戸籍のことをいいます。主に現在戸籍に記載されていない身分事項の証明や、相続などを目的として使用されます。

原戸籍

主に「改製原戸籍」のことをいいます。法改正によって作り替えられる元となった戸籍で、相続などを目的として使用されます。主な法改正としては、昭和32年の法務省令による旧法戸籍から新法戸籍への作り替えや、戸籍事務のコンピュータ化による作り替えなどがあります。箕面市では、平成19年12月8日に、現在戸籍がコンピュータ化され、それによって作り替えられる元となった戸籍は「平成改製原戸籍」といいます。

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:市民部窓口課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6726

ファックス番号:072-724-0853

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?