箕面市 > くらし・環境 > 戸籍・住民登録・パスポート > 証明書がほしいときは > 戸籍証明 > コンピュータ導入により戸籍証明書が変わりました

更新日:2010年3月1日

ここから本文です。

コンピュータ導入により戸籍証明書が変わりました

パソコンの絵

平成19年12月8日から戸籍事務のコンピュータ導入により戸籍の証明書が変わりました。

対象となる人

本籍地が箕面市のかたが対象です。住民票の住所が箕面市であっても、本籍地が箕面市以外のかたは、対象とはなりません。

戸籍謄抄本の名称、様式などが変わりました

「戸籍謄本」は「戸籍の全部事項証明書」、「戸籍抄本」は「戸籍の個人事項証明書」に名称が変更されました。また、様式が「縦書き」から「横書き」に変わり、文章体であった出生、婚姻などの事項が項目化され、見やすくなりました。

なお、発行手数料は従来と同額の450円です。

戸籍証明書の変更点

項目

変更前

変更後

名称

戸籍謄本

戸籍の全部事項証明書

名称

戸籍抄本

戸籍の個人事項証明書

様式

B4判横長

A4判縦長

書式

文章体縦書き

項目別横書き

用紙

白紙

偽造防止用紙

公印

朱肉印

黒色電子公印

手数料

1通450円

1通450円

戸籍の氏名は「正字」などで記載されています

戸籍の記載事項をコンピュータに登録する際には、「常用漢字」「人名用漢字」「漢和辞典」に載っている文字など社会一般に通用している文字(正字)を使います。

これまでの手書き処理で作成された戸籍には、草書や行書などのくずし文字や、書き癖などにより、正字とは異なった字形で記載されている文字があります。これらの文字は戸籍には使用できない文字として、その文字に対応する字種と字体による正字で記載しています。

なお、戸籍の文字が対応する正字で記載されても、戸籍の表示上の取扱いであって、氏や名が変更されるものではありませんので、印鑑登録や不動産登記などの変更は必要ありません。

下記に示した文字は、その一例です。

誤字から正字への変換例

本籍の地番表示が一部変わりました

本籍の地番に枝番がある場合、番地の後にある「の」の記載がなくなりました。

〔変更例〕箕面市○○1丁目123番地の1→箕面市○○1丁目123番地1

なお、このことにより本籍が変るものではありませんので、免許証などの変更は必要ありません。

コンピュータ化前の戸籍について

コンピュータ化前の戸籍は、「改製原戸籍」となりました。コンピュータ化後の戸籍には、婚姻や死亡などで既に除かれている人は記載されていませんので、この記載の証明が必要な場合は、「改製原戸籍」(発行手数料750円)を請求していただくことになります。

戸籍の附票について

戸籍の附票もコンピュータ化されました。コンピュータ化後は、直近の住所から記載されています。それ以前の住所の証明が必要な場合は、改製された戸籍の附票を請求していただくことになります。

コンピュータ化前の除籍・改製原戸籍について

平成20年5月からコンピュータ化し、A4版の偽造防止用紙で証明書を発行します。

受付窓口

戸籍の届出や証明発行は、今までどおり窓口課や支所で受け付けます。

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:市民部戸籍住民異動室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6724

ファックス番号:072-724-0853

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?