• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2014年10月2日

箕面市乳がん検診

乳がんとは

乳がんは、女性がかかるがんで最も多く、12人に1人がかかるといわれています。
30歳代から増え始め、40歳代後半から50歳代前半にかかる人が最も多く、この年代で最も多いがん死亡原因となっています。

症状

乳房にしこりや皮膚のひきつれ、ただれなどがあらわれます。マンモグラフィ検査により、しこりになるごく初期の段階で見つかる場合もあります。
ただし、痛みやむくみなどの症状は、乳腺症や良性腫瘍でもあらわれるため、検査が必要となります。

原因

女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっており、初潮年齢が早い、出産経験がない、成人後の肥満などがリスク要因とされています。また、飲酒や喫煙もリスクを高めるといわれています。

毎月セルフチェックを!

毎月、生理が終わってから一週間後くらいに、乳がん
閉経後のかたは毎月、日を決めて行いましょう。

(1)指をそろえて、乳房を渦巻きを描くように丁寧にさわります。入浴中であれば、
  石けんをつけると調べやすくなります。
(2)鏡の前で両手をあげて、左右の違いをチェックします。
 (ひきつれやただれ、乳頭から異常な分泌物が出ていないか、など)
(3)仰向けに寝て、しこりがないかまんべんなくさわります。枕などを下に入れると分かりやすくなります。


乳がん検診(2年に1回)

箕面市では40歳以上の女性で、偶数年齢のかたを対象に年1回(4月から翌年3月までの間に1回)無料で乳がん検診を実施しています。検診項目は、問診・マンモグラフィ検査、視触診です。

  • 妊婦、授乳中のかたは、受診を避けてください。生理直前も痛みが増すため避けたほうがよいです。
  • 豊胸手術を受けたかた、ペースメーカーをつけているかたは受診できません。

2月、3月は非常に混み合い、予約が取れない場合があります。早めに予約・受診してください。


医療保険者による乳がん検診(人間ドックを含む)を受けられるかたは、医療保険者の乳がん検診を優先して受診してください。また、乳がん治療中のかた、経過観察中のかたは受診できません。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域保健室 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-9507

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?