• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 健康・医療 > 健康診査 > 市民健診(特定健診、箕面市民がん検診など)

ここから本文です。

更新日:2015年4月18日

市民健診(特定健診、箕面市民がん検診など)

1.さまざまな健診があります

市では、主に40歳以上の市民を対象に、下記のとおり市民健診を実施しています。

  • 特定健診:ご加入の健康保険の種類によって受診方法が異なりますので、医療保険者からのお知らせなどを確認したうえで、受診してください。
  • 基本健診:生活保護を受けているかた(健康保険加入者を除く)、年度途中に被用者(社会)保険などへ異動し、特定健診を受診していないかた。
  • がん検診など:胃がん、肺がん、大腸がん、子宮頸がん、乳がん、前立腺がん検診、肝炎ウイルス検査

2.生活習慣病健診(特定健診)、基本健診(40歳以上)など

生活習慣病健診、基本健診、後期高齢者医療健診

(1)生活習慣病健診
「生活習慣病健診」は、箕面市が実施している特定健診の愛称です。

  • 対象:箕面市国民健康保険加入者(40歳~74歳)
  • 受診方法:市から送付される「特定健康診査受診券」と健康保険証を持参して、指定医療機関で受診。
    被用者(社会)保険(被扶養者を含む)加入者、または国民健康保険組合加入者は、加入する健康保険(保険者)からの案内に従って受診。

(2)基本健診

  • 対象:生活保護を受けているかた(健康保険加入者を除く)、または年度途中に健康保険を被用者(社会)保険などに異動し、以前の保険者で特定健診を受診していないかた
  • 受診方法:希望者は、地域保健室へ申請し、発行された「基本健診受診券」を持参して、指定医療機関で受診。

(3)後期高齢者医療健診

  • 対象:大阪府後期高齢者医療広域連合会の加入者(一定の障害があると認定された65歳以上のかたを含む)
  • 受診方法:大阪府後期高齢者医療広域連合から送付される「後期高齢者医療健康診査受診券」と健康保険証を持参して、案内に記載の医療機関で受診。

特定保健指導

生活習慣病健診の結果、高血圧症や糖尿病などの発症のリスクが高いかたについては、特定保健指導が行われます。

  • 動機付け支援:保健師や栄養士による面談(1回)による生活習慣の改善に向けた支援
  • 積極的支援:保健師や栄養士による継続的な面談・電話などによる生活習慣の改善に向けた支援

箕面市国民健康保険加入者を対象とした特定保健指導は、健診後、個別にご案内します。(市立医療保健センターで生活習慣病健診を受診し、特定保健指導の対象となられたかたは、健診当日特定保健指導を行いますので、個別のご案内はありません。)

ほかの医療保険者が実施する特定保健指導の対象者に該当するかたは、各医療保険者にお問い合わせください。

3.箕面市民がん検診

胃がん、肺がん、大腸がん、子宮頸がん、乳がん、前立腺がん検診や肝炎ウイルス検査は、職場などで検診を受ける機会のないかたに対して実施します。

  • 費用:無料
  • 場所:指定医療機関、箕面市立医療保健センター
  • 持ち物:健康保険証など住所・氏名・年齢が確認できるもの、健康手帳(お持ちのかた)
    受診券はありません。 
  • 回数:年1回(乳がん、前立腺がん検診は対象年度のみ)。平成28年(2016年)4月から平成29年(2017年)3月の期間に1回だけ受診できます。2回目以降受けられるかたは自己負担となります。
  • 年齢:平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日)中の到達する年齢です。
    (例)40歳は昭和51年4月1日から昭和52年3月31日生まれのかた(平成28年度中に40歳の誕生日を迎えるかた)
  • 申込:直接、指定医療機関または箕面市立医療保健センター(外部サイトへリンク)(電話727-9555 受付時間:午前10時から午後5時)まで
    乳がん検診は市外医療機関でも受診できるようになりました。

検診部位を治療中のかた、経過観察中のかたは、がん検診は受診できません。また、すでに自覚症状があるかたは、検診を待たずに医療機関を受診してください。

各種検診について

胃がん検診

肺がん検診

大腸がん検診

子宮頸がん検診

乳がん検診

前立腺がん検診

肝炎ウイルス検査

  • 市が実施する健(検)診の結果などは、統計処理のうえ、市の保健事業データとして活用させていただきますので、あらかじめご了承ください。また、健(検)診受診者のかたに健康教室などのご案内をすることがあります。
  • 各種健(検)診は疾病の早期発見・早期治療による健康の保持・増進を目的としていますが、検査機器から放射線を受けるなどのデメリットもあります。健(検)診に際してわからないことがあれば、医師の説明をお聞きのうえ、受診してください。「がん検診のメリット・デメリット」
  • 各種がん検診は「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」(厚生労働省)に基づき、実施している基本的な検診です。より詳細な検診を受けたい場合は、医療機関などにご相談ください。
  • がん検診の結果、精密検査が必要と診断された場合は、必ず精密検査を受けましょう。なお、精密検査は通常の保険診療となりますので料金がかかります。必ず健康保険証を持参してください。
    精密検査について

4.健康手帳

  • 健康手帳は、健(検)診結果が5年間記入できます。健康管理のため、また、かかりつけ医や健(検)診機関への健康情報を提示できるように、生活習慣病健診やがん検診の結果などを必ず記入しましょう。
  • 40歳以上の市民を対象に、健(検)診指定医療機関や、総合保健福祉センターで交付しています。
  • 継続して使用するものですので、大切に保管し、検診時には持参しましょう。 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域保健室 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-9507

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?