箕面市 > 健康・医療・福祉 > 年金・保険 > 介護保険 > 利用料<介護保険>

更新日:2018年5月30日

ここから本文です。

利用料<介護保険>

居宅サービスなどの利用者負担

原則として、サービスにかかった費用の利用者負担割合分をお支払いいただきます(所得に応じて負担割合が決まります。くわしくは「介護保険負担割合証」をご確認ください)。

利用するサービスによっては、食事や日常生活に係る費用など、別に負担が必要です。

また、要介護度やサービスの種類によって、1か月間に利用できるサービスの限度額が次のように決まっています。支給限度額を超えて利用したサービスに係る費用は、全額自己負担になります。

要介護度

居宅サービスなどの支給限度額

要支援1

約50,030円

要支援2

約104,730円

要介護1

約166,920円

要介護2

約196,160円

要介護3

約269,310円

要介護4

約308,060円

要介護5

約360,650円

介護保険負担割合証

介護保険サービス利用時における利用者負担割合は、下表のとおり所得に応じて決まります。有効期間は、8月1日から翌年7月31日までです。

介護保険サービスを利用する際は、サービス事業者やケアマネジャーが負担割合を確認できるよう「介護保険利用者負担割合証」を提示してください。

利用者負担の割合(2割、3割は(1)(2)を両方満たす場合)

3割

(平成30年8月から)

(1)本人の合計所得金額(注1)が220万円以上

(2)同じ世帯の65歳以上の人の「年金収入(注2)+そのほかの合計所得金額(注3)」が

 ・単身世帯=340万円以上

 ・2人以上世帯=463万円以上

2割

(1)本人の合計所得金額(注1)が160万円以上

(2)同じ世帯の65歳以上の人の「年金収入(注2)+そのほかの合計所得金額(注3)」が

 ・単身世帯=280万円以上

 ・2人以上世帯=346万円以上

1割

 上記以外の人

 

(注1)合計所得金額とは…収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります。)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。また、繰越損失がある場合は繰越控除前の金額をいいます。なお、平成30年8月から土地建物等の譲渡などの長期(短期)譲渡所得に係る特別控除がある場合は、合計所得金額から特別控除額を控除した額となります。

(注2)年金収入とは…課税対象年金収入額のことです。非課税年金(障害年金、遺族年金など)は含まれません。

(注3)そのほかの合計所得金額とは…合計所得金額から年金収入に係る所得額を控除した所得金額のことです。

介護保険施設等の施設サービスの利用者負担について

施設サービスの利用者負担

施設に入所(入院)して施設サービスを利用した場合、原則として、サービスにかかった費用の利用者負担割合分をお支払いいただきますが、施設の種類などによって、サービス費用が異なります。また、サービス費用の利用者負担割合分に加えて食費、居住費(滞在費)、日常生活費などの負担も必要です。

介護保険施設等とは・・・

介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設及び介護医療院

食費とは・・・

食材料費+調理コストに相当する費用

居住費(滞在費)とは・・・

施設の利用代(減価償却費)+光熱水費に相当する費用

(表1)国が示す平均的な食費・居住費(滞在費)の基準費用額

居住費(滞在費)の
基準費用額(日額)

食費の
基準費用額(日額)

ユニット型個室 1,970円 1,380円
ユニット型個室的多床室 1,640円
従来型個室(老健等注1)
1,640円
従来型個室(特養注2) 1,150円
多床室(老健など注1) 370円
多床室(特養注2) 840円

 

注1.介護老人保健施設、介護療養型医療施設及び短期入所療養介護

注2.特別養護老人ホーム及び短期入所生活介護

【注意】居住費(滞在費)及び食費は、介護保険施設などと利用者の契約により定められるため、施設によって異なります。

低所得者への軽減措置〈特定入所者介護(介護予防)サービス費〉

自己負担となる居住費(滞在費)及び食費について、一定の要件に該当するかたには負担額の軽減措置があります。軽減措置の対象となるかたは、サービス利用時に「介護保険負担限度額認定証」を提示することにより(表2)の限度額までの自己負担となります。なお、デイサービス(通所介護)及びデイケア(通所リハビリテーション)の食費には、軽減措置は適用されません。

軽減措置の対象者

  • 生活保護受給者
  • 世帯全員(注1)の市民税が非課税で、預貯金などの資産が一定額(単身で1,000万円、夫婦で2,000万円)以下のかた

(注1)同一の世帯に属しない配偶者についても市民税が非課税であることが条件です。

申請方法

市役所本館1階の介護・医療・年金室へ印鑑および預貯金などの資産がわかるもの(通帳のコピーなど)を持参して申請してください(配偶者がいる場合は、配偶者の資産がわかる資料についても提出してください。)。対象となるかたには、「介護保険負担限度額認定証」を交付します。負担限度額認定証の申請様式は、各種申請書のページからダウンロードできます。

軽減対象となる施設サービス

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設(老人保健施設)
  • 介護療養型医療施設(療養病床など)
  • 介護医療院
  • 短期入所生活介護(福祉施設のショートステイ)
  • 短期入所療養介護(医療施設などのショートステイ)

上記における食費及び居住費(滞在費)

利用者負担段階ごとの対象者の要件と負担限度額(表2)

 

利用者負担段階 居住費(滞在費)の負担限度額(日額)

食費の負担限度額

(日額)

ユニット型個室

ユニット型個室的多床室

従来型個室

多床室

1

(1)老齢福祉年金受給者で世帯全員が市民税非課税注1のかた

(2)生活保護受給者

預貯金等の資産が
一定額以下のかた
(単身:1,000万円
夫婦:2,000万円)
820円 490円

特養注4

320円

老健等注5

0円 300円

2

世帯全員が市民税非課税注1で合計所得金額注2と課税対象年金収入額と【遺族年金・障害年金】収入額の合計額が80万円以下のかた 820円 490円

特養注4

420円

老健等注5

490円

370円 390円

3

(1)世帯全員が市民税非課税注1で第2段階以外のかた

(2)市民税課税世帯の特例措置が適用されるかた注3

1,310円 1,310円

特養注4

820円

老健等注5

370円 650円

第4

段階

上記以外のかた 負担限度適用なし

 

【注意】利用者の負担は、このほか、介護保険サービスの利用料や日常生活費などがあります。

注1.同一の世帯に属しない配偶者についても市民税非課税であることが条件です。

注2.合計所得金額とは、収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります。)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。また、繰越損失がある場合は繰越控除前の金額をいいます。なお、平成30年8月から土地建物等の譲渡などの長期(短期)譲渡所得に係る特別控除がある場合は、合計所得金額から特別控除額を控除した額となります。また、年金の所得がある場合は、年金収入に係る所得額を控除した額となります。

注3.市民税課税世帯の高齢の夫婦などの場合、一方が施設に入所し、食費・居住費を負担した結果、在宅生活者が生活困難になることがないよう、特例減額措置が設けられています。くわしい条件などはお問い合わせください。

注4.特別養護老人ホーム及び短期入所生活介護

注5.介護老人保健施設、介護療養型医療施設及び短期入所療養介護

高額介護(介護予防)サービス費の支給

介護保険サービスの利用料の負担が高額になった場合、市民税の課税状況などに応じてその世帯及び個人の1か月あたりの負担上限額が次のように決められています。

この上限額を超える額については、いったんサービス事業者に支払い、後日、市に申請をすることにより払い戻します。申請が必要なかたには市から通知します。

平成29年8月から、負担上限額(月額)が、これまで37,200円だったかたについては、44,400円に引き上げられました。

利用者負担上限額(月額)は、以下のとおりです。

所得区分 負担上限額(月額)

現役並み所得者に相当するかたがいる世帯のかた(*1)

44,400円(世帯)
世帯のどなたかが市区町村民税を課税されているかた  44,400円(世帯)(*2)
世帯全員が市民税を課税されていないかた 24,600円(世帯)

世帯全員が市民税を課税されていない世帯で、前年の合計所得金額(*3)と

 課税年金収入額の合計が年間80万円以下のかたなど

24,600円(世帯)

15,000円(個人)

生活保護を受給しているかたなど 15,000円(個人)

 

(注意1)介護サービスの利用者負担割合分(1割または2割負担分のみ)のみが対象となります。(平成30年8月から3割が追加されます)

(注意2)支給限度額を超える利用者負担分、施設サービスでの食事・居住費(滞在費)・そのほかの日常生活費、福祉用具購入費・住宅改修費の利用者負担分は、対象外です。

(*1)同一世帯に課税所得145万円以上の65歳以上の人がいて、65歳以上の人の収入が単身の場合383万円以上、2人以上の場合520万円以上ある世帯のかた。

(*2)世帯のどなたかが市民税を課税されているかたで、同じ世帯の全ての65歳以上のかた(サービスを利用していないかたを含む。)の利用者負担割合が1割の世帯については、8月1日から翌年7月31日までの年間上限額を446,400円と設定し、これを超える額については、払い戻します。(平成29年8月から3年間の時限措置)

(*3)合計所得金額とは、収入金額から費用経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります。)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。また、繰越損失がある場合は繰越控除前の金額をいいます。なお、平成30年8月から土地建物等の譲渡などの長期(短期)譲渡所得に係る特別控除がある場合は、合計所得金額から特別控除額を控除した額となります。また、年金の所得がある場合は年金収入に係る所得額を控除した額となります。

高額介護サービス費の受領委任払

本来、償還払(被保険者がいったん費用の全額を支払った後に、被保険者からの申請に基づき、保険者が被保険者に保険給付分を支払う方法)により給付される高額介護サービス費のうち、単体の介護保険施設サービスに係る分について受領委任払(事前の被保険者からの申請に基づき、被保険者から受領を委任された介護保険施設に保険給付分を直接支払う方法)により、要介護被保険者の一時的な負担の緩和をするための給付方法です。

  • 施設サービス(大阪府内の施設が対象)を受けていて、負担上限額を超える人が対象になります。高額介護サービス費の受領委任払いの制度を利用すると、被保険者本人は支払のときに負担上限額までを施設に支払い、負担上限額を超えた額を施設が市に請求することになります。
  • 高額介護サービス費の受領委任払の申請様式は、「各種申請書」のページからダウンロードできます。

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:市民部介護・医療・年金室   担当者名:介護保険グループ

箕面市西小路4‐6‐1

内線:3378

電話番号:072-724-6860

ファックス番号:072-724-6040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?