• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

危険ごみ

月2回、危険ごみの日に出してください。

危険ごみとは?

  • 水銀などの有害物質を使用している乾電池、蛍光灯、体温計
  • ライター、スプレー缶、カセット式ガスボンベ
  • 白熱球・ハロゲン球などの電球、ボタン電池、電子体温計は、「不燃ごみ」ですので、ご注意ください。

出しかた

  • 蛍光灯は破損しないように、買い換えた商品の包装や新聞紙に包んでください。
  • 乾電池・体温計(水銀)は散乱しないように、中身が見える透明な袋に入れてください。
  • ライター、スプレー缶、カセット式ガスボンベは、ペットボトルとは別のかご型容器に直接入れてください。

平成28年4月からスプレー缶、カセット式ガスボンベの出しかたが変わりました。

箕面市ではこれまで、カセット式ガスボンベ・スプレー缶をごみとして出す場合、中身を使い切り、穴を開けてから出すようにお願いしていました。しかし、火気の近くで穴を開けるなどの穴開けが原因で、全国的に火災が発生しているため、穴あけを不要としました。また、中身を使い切らなくても「かご型容器」に直接入れて出していただけます。

お問い合わせ

所属課室:市民部環境整備室 

箕面市大字粟生間谷2898-1

電話番号:072-729-2371

ファックス番号:072-729-7337

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?