箕面市 > 子育て・教育・文化 > 子育て > ひとり親家庭への支援 > 高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業とは

高等学校を卒業していない、ひとり親家庭の親又は子(20歳未満)が、高等学校卒業程度認定試験の合格をめざす場合に、民間事業者等が実施する試験対策講座の受講費用の一部を補助します。

対象者

以下の要件をすべて満たす、箕面市在住のひとり親家庭の親又は子(20歳未満)

  1. 児童扶養手当を受給している、または同等の所得水準にあるかた
  2. 過去にこの制度を利用したことがないかた
  3. 子育て支援室で事前相談をされているかた

支給額

  1. 受講修了時給付金…受講終了後に対象講座受講費用の40%を支給
  2. 合格時給付金…受講終了後、2年以内に高等学校卒業程度認定試験に全科目合格した場合に、対象講座受講費用の20%を支給。

※ただし、1.の上限は10万円で、4千円を超えない場合は支給しません。また、受講修了時給付金と合格時給付金の合計上限は15万円です。  

ご注意

対象講座の受講を開始される前に、対象講座としての指定を受ける必要があります。まずは子育て支援室(072-724-6738)までご相談ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子育て支援室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6738

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?