箕面市 > 市政 > 市議会 > 議会改革

更新日:2021年9月2日

ここから本文です。

箕面市議会 箕面市議会

議会改革

 r3議会改革のあゆみ1(PDF:1,579KB)

 

r3議会改革のあゆみ2

 

 

r3議会改革のあゆみ3

 

 面市議会では、「開かれた議会」をめざし、平成25年に議会改革検討会議を設置し、本会議・委員会のライブ配信や市民との意見交換会の実施など、議会が一体となって議会改革を推し進め、平成30年10月、箕面市議会基本条例を制定しました。
の後も、議員主導でのホームページのリニューアルや、タブレット端末導入をはじめとする議会のICT化など、市民との情報共有とコミュニケーション、議会審議の活性化をはかる取り組みを続けています。
和3年には、市の新改革プラン中の「幼稚園廃止・保育所民営化」の方針に対し、議会総体で調査を進め、方針転換を求める政策提言を市長に提出しました。これは議会改革の目的でもある議会が政策提案等を通じ、市民の多様な意見を市政に反映し、地域課題を解決することへの第一歩となりました。
後も箕面市議会は、刻々と変化する社会情勢の中で、市民が何を求めるかを見極め、議会として何をすべきかを判断し、「行動する議会」として、たゆまない議会改革に取り組んでまいります。