• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 福祉 > 高齢者福祉 > 徘徊ほっとメール

ここから本文です。

更新日:2015年5月26日

徘徊ほっとメール

  認知症の高齢者などの迷い人を、パソコンや携帯電話の「メール受信登録者」により地域ぐるみで発見し、迷い人の安全確保、介護者の精神的な負担の軽減に役立てます。

メールの登録をお願いします

  このシステムは箕面市市民安全メールを活用していますので、徘徊ほっとメールにご協力いただけるかたは、市民安全政策室のページからメールの登録をお願いします。

  市民安全政策室市民安全メールへはこちらから

  1. 市民安全政策室市民安全メールの手順に従い、市民安全メールに登録します。
  2. 箕面市内で徘徊による迷い人が発生すると、ご本人の特徴などの情報をメールで配信します。
  3. もし、普段の生活のなかで、迷い人らしき人を発見したら、高齢福祉室又は警察署へ連絡してください。
    連絡を受けた職員や警察官が現場へ保護に向かいます。

担当課:高齢福祉室 電話072-727-9505(閉庁時は守衛室にかかります)

箕面警察署 電話072-724-1234

認知症のかたへの対応

認知症のかたへの対応の基本は3つの「ない」

  • 驚かせない(相手の目線に入って声をかける)
  • 急がせない(余裕をもって対応する)
  • 自尊心を傷つけない(子どものような扱いをしない)

  一般に徘徊は「理由もなくうろうろする」という意味ですが、実際には行こうとする場所や目的がはっきりしていることがほとんどです。歩き疲れ、見覚えのない場所で不安になっている迷い人を見つけた場合は、まず落ち着かせ、安心させる声かけをお願いします。

 ご家族のかた(依頼者)へ

  迷い人となる可能性のあるかたを介護されているかたは、できるだけ迅速な対応ができるよう、あらかじめ登録をお願いしています。

1.窓口

  高齢福祉室(箕面市総合保健福祉センター1階)

  電話072-727-9505

  申請者の身分証明書(運転免許証、健康保険証などをお持ちください)

2.家族が行方不明になったら

(1)警察への捜索願をお願いします。電話072-724-1234

(2)徘徊ほっとメールの配信依頼電話072-727-9505(高齢福祉室)

(3)高齢福祉室から受信登録者に一斉メールを配信します。

(4)迷い人が見つかったら、高齢福祉室からご家族に連絡します。また、受信登録者に発見情報を配信します。警察には、ご家族からご連絡ください。逆に警察から発見の連絡があった場合は、高齢福祉室にご連絡ください。

  事前登録がないと、ご家族の意志確認等の初期手続きに時間を要し、初動が遅れてしまいます。あらかじめ登録されることをおすすめします。

  高齢者行方不明時における事前情報届出票(ワード:31KB)

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢福祉室 

箕面市萱野5-8-1

電話番号:072-727-9505

ファックス番号:072-727-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?