• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 文化 > 文化施設 > 萱野三平記念館

ここから本文です。

更新日:2016年6月29日

萱野三平記念館

kayanosanpeinagayamon

(写真)萱野三平旧邸長屋門〔kayanosanpei-nagayamon〕

萱野三平記念館(涓泉亭)

 

赤穂藩士として実直に藩主に仕え、赤穂事件とともに歴史に名を刻んだ萱野三平。俳諧の世界にもその足跡を残した萱野三平(俳号・涓泉)の旧邸長屋門は、元禄の面影を今に残す歴史遺産として、大阪府の史跡に指定されています。

三平が住んでいた長屋門には、自刃の間と三平像が公開されています。

涓泉亭(けんせんてい)には、三平や西国街道に関する資料の展示コーナーとともに句会や茶会で利用できる和室を備えています。なお、和室の利用には、申請が必要となりますので、萱野三平記念館事務室までお問い合わせください。

開館時間

午前10時から午後5時

休館日

月曜日(月曜日が休日の場合は火曜日)、12月28日から1月4日

入館料

無料

和室利用 無料(利用には事前確認の上、使用申請が必要です。)
駐車場 3台分(無料です。ただし、中型以上は駐車できません。)
場所

箕面市萱野3-10-4

電話/FAX

072-724-7201

みのお見どころスポット萱野三平のページへ

墓碑

萱野三平の墓碑が、歴史上の貴重な文化財であることから、市の有形文化財に指定されており、記念館から少し離れた共同墓地にあります。

句碑

萱野三平が最後に残した辞世の句「晴れゆくや日ごろ心の花曇り」の句碑が長家門に西端にあります。

記念館と墓碑の位置

三平の墓の地図

(地図)萱野三平の墓碑への道

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?