箕面市 > 子育て・教育・文化 > 子育て > ストップ!児童虐待 > 迷わず、お電話を!「子どものSOSサインを見逃さないで!」

更新日:2018年12月10日

ここから本文です。

迷わず、お電話を!「子どものSOSサインを見逃さないで!」

箕面市では、昨年度の児童虐待の対応件数が、過去最多の370件にのぼりました。これは、昨年12月に市内で発生した児童虐待死亡事件を受けて、多くの事案が顕在化してきたためと言えますが、まだ見逃されている事案があると考えています。

子どものSOSサインに1つでも気づいたら、迷わず、お電話を!

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。次のSOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センターへお電話ください。

             統一キャンペーンロゴ

児童相談支援センター電話072-724-6233

身体や服装で分かるSOSサイン

  • 殴られたようなあざ、たばこを押し付けられたようなやけど跡など、不自然な外傷がある
  • 汚れた衣服を繰り返し身に付けている。季節にそぐわない服を着ている
  • 髪がベタベタしていたり、体のにおいが気になるなど、お風呂に入っていないようすがうかがえる

行動や言動で分かるSOSサイン

  • 小学生までの子どもが夜遅くまで遊んでいたり、家に帰りたがらない
  • いつも親の顔色をうかがっており、親に対しておびえている
  • 小学生までの子どもが性行為のまねごとをする

家庭でのようすが分かるSOSサイン

  • 悲鳴のような突然の泣き声や、激しい泣き声が聞こえる。一晩中泣き続けている
  • 大人が子どもを怒っている声やののしる声、物を壊したり叩きつける音などと一緒に、泣き声が聞こえる
  • 家の外に閉め出されている(幼い子どもの閉め出し、長時間の閉め出し、真夏や真冬の閉め出しなど)
  • 子どもだけを残して、保護者が夜間に外出している
  • 保護者同士が大声で怒鳴り合うような激しいけんかをしている

「虐待じゃないかもしれない」などの心配は、一切必要ありません!

「私が通報したと知られたら気まずい」「虐待かどうか分からない」「虐待じゃなかったら相手に迷惑をかける」などの心配は、一切必要ありません。匿名でお電話いただけますし、虐待かどうかの判断は、児童相談支援センターの専門職員が行いますのでご安心ください。また、虐待でない場合も相手に迷惑がかかることはありません。

連絡先

月曜日~金曜日:朝~夕

  • 箕面市児童相談支援センター:電話072-724-6233:午前8時45分~午後5時15分
  • 大阪府池田子ども家庭センター:電話072-751-1800:午前9時~午後5時45分

平日夜間、土曜日、日曜日、祝日

  • 夜間・休日虐待通告専用電話:072-295-8737:月曜日~金曜日の午前9時~午後5時45分を除く全ての時間帯

24時間365日受付

  • 児童相談所全国共通ダイヤル:189(一部のIP電話(050の番号など)からはつながりません。つながらない場合は、携帯電話でおかけ直しください。)

緊急(24時間いつでも)

  • 警察:110番


児童虐待防止推進月間の取り組み

11月は「児童虐待防止推進月間」でした。市では期間中、街頭啓発活動など、市民のみなさんに児童虐待問題への理解を深めていただくための取り組みを行いました。

街頭行動

民生委員・児童委員、主任児童委員のみなさんと市の職員が、キャンペーン用グッズや啓発ちらしをみなさまにお配りしながら、街頭で、児童虐待防止について訴えました。足を止めて耳を傾けてくださったみなさま、ご協力ありがとうございました。

小野原1 小野原3 小野原2

日時:平成30年11月10日(土曜日)午前11時から正午

場所:市内3カ所(阪急箕面駅周辺商店街、箕面キューズモール、関西スーパー小野原店周辺)

そのほかの活動

11月中、市役所別館2階のキッズコーナーに、オレンジリボンタペストリー(ツリー型)を設置しました。子どもたちへの思いをメッセージカードに書いていただき、貼り付けていただきました。たくさんのメッセージやイラスト、ありがとうございました。

   ツリー1

子育てに不安を抱いていたら、お電話を!

「子育てがしんどい」「イライラして子どもを叩いてしまう」「子どもを怒鳴ってしまう」など子育てに悩んでいたら、児童相談支援センター(電話072-724-6233)へお電話ください。解決方法について一緒に考えます。

読み物、リーフレットなど

ステップファミリーについて

離婚や再婚が増え、今ではさまざまな家族のかたちがあります。そのなかで、子どもと一緒に結婚や同居生活を始めるご家庭をステップファミリーといいます。
ひとり親家庭で育った子どもは、親の離婚で傷ついていたり、ひとり親との結びつきが強く、新たに親のパートナーを受け入れていくのに時間がかかる場合があります。子どもの気持ちをよく聴きながら、新しい関係を作っていきましょう。うまくいかないからといって、叩いたり怒鳴ったりすることはNGです。子育てに悩んだら児童相談支援センター(電話072-724-6233)へご相談ください。

里親制度のご紹介(あなたも里親に!)

里親制度とは、さまざまな事情で家族と暮らせない子どもを自分の家庭に迎え入れ、深い愛情と正しい理解を持って養育する制度です。
さまざまな事情で家庭を離れて生活しなければならない子どもたちが身近な場所で生活を続けられるように、里親として受け入れてくださるご家庭を求めています。
里親の登録や里親手当などの詳細は、大阪府池田子ども家庭センター(電話072-751-2858)へお問い合わせください。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局児童相談支援センター 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6233

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?