• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 戸籍・住民登録・パスポート > 転出届(箕面市から市外への引越し)について

ここから本文です。

更新日:2017年2月13日

転出届(箕面市から市外への引越し)について

箕面市から市外に引越したときは、転出届を届け出てください。

土曜日に窓口サービスを実施しています(祝日を除きます)

届出期間

引っ越す日が決まったとき(おおむね引越しの14日前)、または引越しした日から14日以内

届出人

本人または同じ世帯のかた

代理人が届出をするときは、委任状が必要です。

届出に必要なもの

  • 届出に来られるかたの本人確認ができる書類(運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード、健康保険証など。)※マイナンバー(個人番号)が記載された「通知カード」は、本人確認書類としてご利用いただけませんのでご注意ください。
  • 届出に来られるかたが自署できない場合は、認印。
  • 代理人が届出をするときは、委任状
  • 箕面市で国民健康保険に加入されているかたや、医療証の交付を受けているかた、介護保険証をお持ちのかたは、関係各課での手続きが必要です。保険証、各種医療証などをご持参ください。
  • 国外に転出する場合は、転出するかた全員分のマイナンバー「通知カード」または「マイナンバーカード」

関係各課での手続きについてのページへ

受付窓口、受付時間

箕面市役所 本館1階戸籍住民異動室(102番窓口)

月曜日~土曜日、午前8時45分から午後5時15分まで(祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く)

豊川支所止々呂美支所

月曜日~金曜日、午前8時45分から午後5時15分まで(祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く)

郵送での転出届の方法

転出届は、窓口に行くことができない場合、郵送で届出をすることもできます。内容を確認した後、返信用封筒により「転出証明書」を送付します。なお、国民健康保険、児童手当、介護認定などを受けられているかたは、別途転出に伴う手続きがそれぞれに必要です。

郵送するもの

  1. 返信用封筒(宛名を書き、82円切手を貼ってください。)
  2. 転出証明書郵送請求書(PDF:45KB)
  3. 本人確認書類のコピー(運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード(裏面は不要)、住民基本台帳カードなど)

ただし、外国人のかたは運転免許証とパスポートの写しを同封する場合、日本国のものを同封してください。

宛て先

〒562-0003大阪府箕面市西小路4丁目6番1号

箕面市役所戸籍住民異動室

「転出証明書郵送依頼」と朱書きしてください。

マイナンバーカード(個人番号カード)・住民基本台帳カードを利用した転出届

マイナンバーカード(個人番号カード)または住民基本台帳カード(以下「マイナンバーカードなど」)の交付を受けているかたは、郵送で「特例転出届」をすることにより、転出証明書の交付を受ける必要がなくなります。(特例転出届についてのページへ)

なお、国民健康保険、児童手当、介護認定などを受けられているかたは、別途転出に伴う手続きがそれぞれに必要です。

注意事項

住民票・印鑑登録は消除されます。

住民票・印鑑登録は、転出届書に記載された転出予定日をもって消除されます。また、「印鑑登録証」と「みのお市民カード」は、転出予定日で自動的に無効になりますので、ご自身で処分してください。

転出届後、転出予定日までの間にこれらの証明書が必要になった場合は窓口課(電話072-724-6726)へ問い合わせてください。

マイナンバーカードなどの継続利用

マイナンバーカードなどは、転入先の市区町村でご利用できます。転入届のときに、カードを持参してください。(カード交付の際に設定した4桁の暗証番号が必要です。)

予定変更により、転出しなくなった場合

転出届をした後、予定変更により継続して今の住所に住むことになった場合、転出取消の届出をしてください(転出証明書が必要ですので持参してください)。

【注意】マイナンバーカードなどの交付を受けている人が特例転出届を行った場合でも、転出をとりやめたときは来庁して転出取消の届出が必要です。

また、転出取消により住民票は回復しますが、従前の印鑑登録は回復しません。必要であれば、新たに登録してください。

転出届後の手続き

他市区町村への転入の手続き

箕面市で「転出証明書」を発行します。次の住所地の役所・役場で転入届をするときに必要です。転出証明書は、紛失しないよう大切に扱ってください。

【注意】マイナンバーカードなどの交付を受けている人が特例転出届を行った場合は、転出証明書は発行されません。転入届の際には、マイナンバーカードなどを持参してください(特例転出届についてのページへ)

転入届には、転出証明書のほか、年金手帳などが必要な場合がありますので、転入先の市区町村で確認してください。

転校手続き

転出により校区が変わるので、転校の手続きが必要です。「就学及び異動通知書」を発行しますので、今まで通っていた学校に提出してください。詳しくは子ども未来創造局学校生活支援課にお尋ねください。

関係各課での手続きについてのページへ

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部戸籍住民異動室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6725

ファックス番号:072-724-0853

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?