箕面市 > 健康・医療・福祉 > 年金・保険 > 介護保険 > 住宅改修費・福祉用具購入費の支給<介護保険>

更新日:2021年2月9日

ここから本文です。

住宅改修費・福祉用具購入費の支給<介護保険>

住宅改修費の支給

日常生活の自立を支援する住宅改修をした場合、20万円を限度に改修費用の7割から9割を支給します。

対象者

要支援1、要支援2、要介護1~5のかた

対象となる住宅改修

(1)手すりの取り付け(2)段差の解消(3)床材の変更(4)引き戸などへの扉の取替え(5)洋式便器への取替え、位置・向きの変更

利用限度額を超えて改めて20万円の住宅改修費が利用できる場合

  • (1)初めて住宅改修に着工した日の介護度から3段階以上あがったとき
    (同一住宅・同一被保険者に限る)
  • (2)転居したとき

支給方法

支給は、2通りの方法があります。

  • (1)償還払
    改修費用の全額を事業者に支払った後、市から7割から9割の支給を受ける方法
  • (2)受領委任払
    改修費用の1割から3割のみを事業者に支払い、残りの9割から7割は、市から事業者へ支給する方法

申請手続き

 必ず、工事着工前に市へ事前申請が必要です。

   (1)市民のみなさま、事業者(住宅改修施工事業者)のみなさまへ

    ●【注意点とご利用の流れ】介護保険でできる住宅改修(PDF:119KB)

    ●住宅改修ご利用にあたっての手続きのご案内(PDF:187KB)

    ●住宅改修費支給申請書類  

  (2)事業者(住宅改修施工事業者)のみなさまへ

    ●受領委任払の手続きのご案内(PDF:353KB)  

住宅改修に関するお問い合わせ

(事前相談・審査・書類の提出など)

箕面市健康福祉部高齢福祉室(総合保健福祉センター1階)

電話072-727-9500(代表)

(支払関係)

箕面市市民部介護・医療・年金室介護保険グループ(市役所本館1階)

電話072-724-6860(直通)

 

福祉用具購入費の支給

日常生活の自立を支援する福祉用具を購入した場合、年間10万円を限度に購入費用の7割から9割を支給します。

対象者

要支援1、要支援2、要介護1~5のかた

対象品目

(1)腰掛便座(2)特殊尿器(3)入浴補助用具(4)簡易浴槽(5)移動用リフトのつり具の部分

 都道府県、政令指定都市又は中核市指定の福祉用具販売事業者での購入に限られます。

同一品目の再購入について

 介護保険の支給を受けて購入した福祉用具について、それ以後の同一品目の再購入は、原則として給付の対象となりません。ただし、以下のいずれかに該当しており、市が必要と認めたときは支給される場合があります。再購入する前に必ず市へご相談ください。

  (1)過去に購入した福祉用具が破損した場合

  (2)被保険者の介護の必要の程度が著しく高くなった場合

 同一品目の福祉用具を再購入される場合は申請書の「福祉用具が必要な理由」欄に、再購入の理由を明確に記載してください。

支給方法

支給は、2通りの方法があります。

  • (1)償還払
    購入費用の全額を事業者に支払った後、市から7割から9割の支給を受ける方法
  • (2)受領委任払
    購入費用の1割から3割のみを事業者に支払い、残りの9割から7割は市から事業者へ支給する方法

申請手続き

  (1)市民のみなさま、事業者(特定福祉用具販売事業者)のみなさまへ

    ●福祉用具購入にかかる手続きのご案内(PDF:643KB)

    ●福祉用具購入費支給申請書類

  (2)事業者(特定福祉用具販売事業者)のみなさまへ

    ●受領委任払の手続きのご案内(PDF:118KB)

   

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部介護・医療・年金室   担当者名:介護保険グループ

箕面市西小路4‐6‐1

内線:3378

電話番号:072-724-6860

ファックス番号:072-724-6040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?