• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 福祉 > 児童福祉 > 児童手当

ここから本文です。

更新日:2014年9月19日

児童手当

※土曜日も窓口(市役所 別館2階 子ども総合窓口)でお手続きいただけます。

土曜開庁についてはこちら http://www.city.minoh.lg.jp/simin/doyoukaichou.html をごらんください。


児童手当は、中学校3年生までの子どもを養育している保護者のかたに支払われます。父母のうち恒常的に収入の高いほうのかた、または父母に代わって養育している方が、住民登録している市区町村役場へ申請してください。ただし、公務員の方は、職場での申請となりますので、申請方法等について職場でご確認ください。
 また、児童手当には、所得制限があります。

児童手当額

児童手当月額
3歳未満

15,000円

3歳以上小学校修了前(第1子・第2子)

10,000円

3歳以上小学校修了前(第3子以降)

15,000円

中学生

10,000円

所得制限を超える受給者の児童(年齢等に関わらず)

5,000円

 

<注意>

  • 「第3子以降」とは、当年度において18歳以下である児童のみを上の子からかぞえて、3人目を超える児童のことです。
  • 「中学修了後18歳までの児童」は、手当の対象にはなりません。

児童手当所得制限限度額

所得制限限度額
扶養親族等の数 所得制限限度額
0人 622万円
1人 660万円
以降、扶養親族等が1人増えるごと 38万円ずつ加算

 

 

 

 

 

お支払いの時期

 年3回に分け、4ヶ月分ずつ支給します。

  • 6月10日(2月分から5月分まで)
  • 10月10日(6月分から9月分まで)
  • 2月10日(10月分から1月分まで)

※土日、祝日の場合は、前営業日となります。

新規申請時に必要なもの(第1子の出生、他市区町村からの転入など)

  • 振込先口座(請求者名義の銀行口座)が確認できるもの
  • 請求者の健康保険証のコピー(箕面市国民健康保険にご加入の場合や、生活保護受給の場合は不要です。)

状況によって必要なもの

  • その年に、他市区町村から転入してきた場合などは、課税(所得)証明書
    その年度の課税(所得)証明書は、その年の1月1日に住民票があった市区町村で発行されます。
    例):平成26年6月分手当~平成27年5月分手当の申請では、平成26年度所得証明書をご提出ください。
  • 児童と別居している場合
    児童の住民票(世帯全員分)

<注意>

  • 対象となる児童が増えたり減ったりした場合
    添付書類などは必要ありませんが、必ず届出をしてください。
  • 申請は15日以内にしてください
    請求が遅れると、申請日の翌月からの支給となり、手当の発生しない月が生じますので、ご注意ください。

現況届について

毎年6月1日現在の状況を把握し、6月分以降の手当を引き続き受給する要件を満たしているかどうかを確認するため、現況届の提出をお願いします。現況届の提出が無い場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。               
なお、現況届は6月上旬に受給者あてに発送しますので、内容をご確認の上、ご提出ください。

申込み・問合せ

箕面市教育委員会事務局

子ども未来創造局 子育て支援課(市役所別館2階 28番窓口)

〒562-0003 箕面市西小路4丁目6番1号

電話:072-724-6738 FAX:072-721-9907

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子育て支援課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6738

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?