箕面市 > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 子どもの予防接種 > 平成17年度から21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃したかたがたの接種時期が緩和されました

更新日:2017年6月30日

ここから本文です。

平成17年度から21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃したかたがたの接種時期が緩和されました

日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から21年度まで、日本脳炎の接種勧奨を控えていました。その後、新たなワクチンが開発され、現在、接種勧奨をしておりますが、平成7年4月2日から平成19年4月1日までに生まれたかたの中には、日本脳炎の接種機会を逃しているかたもおられますので、特例として接種時期の緩和が実施されています。未接種のかたは、ぜひ接種しましょう。

特例措置
第1期の接種回数(3回)及び第2期(1回)の合計4回の接種に不足回数がある場合は、不足分を接種することができます。ただし、第2期の接種は第1期終了後9歳に達した後でないと接種できません。

特例対象者:平成7年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれたかた
接種期間:20歳未満までの間
適用日:平成23年5月20日から(平成7年4月2日から5月31日までに生まれたかたは、平成25年4月1日から)

  1. 接種スケジュールについては、かかりつけ医(接種医)にご相談ください。
  2. 予診票は未使用の第1期分及び第2期分(小学校4年生時に個別送付)を使用してください。(お持ちでないかたは、箕面市役所窓口課または総合保健福祉センター1階総合窓口で再発行いたします)
  3. 特例対象者以外のかたは、今回の措置では接種することができませんのでご注意ください。
  4. 箕面市外で予防接種を受けられる場合は予防接種依頼書が必要となります(豊中市・吹田市・池田市・摂津市・茨木市・豊能町・能勢町を除く)ので、健康増進課までご連絡ください。なお、市外での接種は、接種費用がかかる場合があります。

☆特例対象者のかたで平成23年5月20日以降に(平成7年4月2日から5月31日までに生まれたかたは、平成25年4月1日以降に)自費で接種された場合は、接種医療機関に還付の申し出をしてください。

接種場所:予防接種個別接種実施医療機関
持ち物:日本脳炎予防接種予診票、母子健康手帳
費用:無料

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子どもすこやか室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6768

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?