• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 環境 > PM2.5(微小粒子状物質)に関する情報

ここから本文です。

更新日:2017年6月23日

PM2.5(微小粒子状物質)に関する情報

PM2.5(微小粒子状物質)とは

大気中に浮遊する粒径が2.5マイクロメートル以下の微小な粒子のことをいい、従来から環境基準を定めているSPM(浮遊粒子状物質)よりも小さな粒子です。

PM2.5は粒径が非常に小さいために、肺の奥まで入り込みやすく、長期的に一定濃度以上吸引すると、呼吸器疾患、循環器疾患などの影響が懸念されます。 

PM2.5高濃度予測時の注意喚起について

PM2.5が高濃度となると予測され注意喚起が必要となった場合、市ホームページでお知らせします。
また、大阪府の防災情報メールに登録だれるとメールでも注意喚起情報が配信されます。
詳しい登録方法についてはこちら( 外部サイトへリンク )をご参照ください。

PM2.5の詳しい情報については以下の大阪府のホームページをご覧ください
微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報( 外部サイトへリンク )

注意喚起時の行動目安

  • 屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らす。
  • 屋内でも換気や窓の開閉を必要最小限にする。
  • 呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢の方については、屋外活動や不急の外出を控えるなど、体調に応じてより慎重に行動する

基準等について

  • 環境基準
    1日平均値が1立法メートル当たり35マイクログラム、かつ1年平均値が1立法メートル当たり15マイクログラムであること。
  • 環境省暫定指針値
    1日平均値が1立方メートル当たり70マイクログラム

注意喚起時の行動の目安として「不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす」等が示されています。

PM2.5の関連ホームページ

PM2.5の測定データについて

PM2.5の常時監視は、大阪府及び大気汚染防止法で定められている政令市が実施します。

箕面市内での測定点はありませんが、北摂地域では池田市立南畑会館(池田市)、高槻南局(高槻市)、千成局(豊中市)、吹田北消防署局(吹田市)のデータで注意喚起の実施を判断します。

これらの測定局のPM2.5のデータについては大阪府大気汚染常時監視のページ( 外部サイトへリンク )をご参照ください。

また、箕面市に一番近いPM2.5の観測所は、池田市立南畑会館となっています。データにつきましては、大阪府大気汚染常時監視のページ( 外部サイトへリンク )から確認することができます。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部環境動物室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6189

ファックス番号:072-723-5581

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?