• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 組織のご案内 > 総務部税務課 > 固定資産税・都市計画税の課税

ここから本文です。

更新日:2017年4月7日

固定資産税・都市計画税の課税

事業名

固定資産税賦課事務事業

事業概要

(1)固定資産税は、毎年1月1日現在の土地、家屋、償却資産の所有者が納める税金です。箕面市では、課税標準額の1.4%です。
(2)都市計画税は、都市計画事業(まちづくり)などの費用に充てるため、市街化区域内に所在する固定資産税の課税対象となる土地、家屋の所有者が、固定資産税とあわせて納める税金です。箕面市では、課税標準額の0.3%です。
(3)土地、家屋、償却資産の課税標準額を基に課税します。
(4)土地の地目変更や分合筆などがあった場合、また家屋の新築や増築、滅失があった場合は実地調査を行い、評価などを行います。
(5)開発に伴い新設された道路などに対する路線価付設、地番参考図及び公開用路線価図の作成を行うなど、評価額及び課税に必要となる資料を作成します。
(6)償却資産に係る固定資産税については、所有者に申告書の提出を求め、提出された申告書に基づいて課税を行います。

事業実施に必要な経費(当初予算)

22,560千円 (前年度 23,614千円)

箕面市の負担額(一般財源)

19,888千円 (前年度 20,942千円)

その他の財源

2,672千円 (前年度2,672千円)

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:総務部固定資産税室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6712

ファックス番号:072-723-5538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?