• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 文化 > 文化事業 > 郷土資料館企画展示のコーナー

ここから本文です。

更新日:2015年11月1日

郷土資料館企画展示のコーナー

「和装に見る、日本人の心」

期間:平成27年11月1日日曜日から平成27年12月23日水曜日

(毎週木曜日は休館日)

開館時間:午前10時から午後5時

入館料:無料

「和装に見る、日本人の心」開催にあたって

和装=和の装いとは、(衣食住の)「衣」として、古来より日本人のありかた、「心」をあらわしてきました。着物を着ることが日本人の根幹にある風習であり、日本人しいては日本そのものを形作る行いであると思います。現在は洋装が当然となり、特別な機会が無ければ和装はしませんが、それは逆説的に和装が特別であることを証明しているのではないでしょうか。また生地を無駄なく使い、長年着ることができ、再利用もできる着物は、科学繊維で作られる服よりはるかに環境にやさしいものでもあります。今回の企画展では、箕面の市民から寄贈いただいた和服、着物を展示することで和装ということの意味を、子どもからご老人まであらためて見つめ直していただければと思います。

 

まことに小展ではございますが、ひとりでも多くのかたがたにご見学たまわりいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

郷土資料館「常設展示」のページへ

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局郷土資料館 

箕面市箕面6-3-1

電話番号:072-723-2235

ファックス番号:072-724-9694

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?