箕面市 > 市政 > 人事 > 採用情報 > 箕面市を受験するかたへ ~若手職員からのメッセージ~

更新日:2021年6月15日

ここから本文です。

箕面市を受験するかたへ ~若手職員からのメッセージ~

R3集合写真 

それぞれの所属で日々奮闘している入庁2年目の職員4名に、箕面市職員をめざしたきっかけや職場環境などについて語っていただきました。

 座談会メンバー

田中 紹介 総務部

 情報政策室

 行政職(事務)

 田中 咲有

川北 紹介 子ども未来創造局

 学校給食室

 行政職(事務)

 川北 彩加

 

谷田 紹介3子ども未来創造局

学校施設管理室

行政職(事務)

谷田 翔

折登 紹介 子ども未来創造局

 子どもすこやか室

 行政職(保健師)

 折登 悠里

現在担当している仕事内容を教えてください。

谷田 小中学校施設の維持管理や現地調査などを担当しています。また、学校を改修する際に活用できる国や大阪府の補助制度を精査したり、とどろみの森学園の増築事業などにも携わっています。

田中 職員が使用する情報機器端末の管理やセキュリティ関係等の庁内のネットワークに関連する業務を行っています。

川北 主に学校給食の調理業務委託を担当していて、総合入札の実施や調理現場の履行確認、書類確認、業者対応を行っています。また、箕面産と食の推進室も併任していて、食育教室の実施案を作成したり、栄養士業務として乳幼児健診・食育教室・講義の実施や栄養相談等を担当しています。

谷田 インタビュー

折登 保健師として、妊娠、出産、子育てなどに関する母子保健事業に携わっています。具体的には、電話や窓口、家庭訪問などで妊娠中や子育て中のかたの相談・支援をしたり、乳幼児健診で子どもの発育発達の確認をしています。

箕面市職員をめざした志望動機・きっかけを教えてください。

折登 インタビュー

折登 箕面市は「子育てしやすさ日本一」をめざして子育て支援に取り組んでおり、私も保健師として、子育てをしやすい環境を一緒に作っていきたいと思ったからです。箕面市は自然が豊かで、そういったのどかな環境の中で働けたらいいなとも思っていました。また、北大阪急行線延伸事業などまちづくりの面にも力を入れていて、発展性のある地域としても魅力を感じていました。

川北 私もほどよく都会で自然が豊かなところに魅力を感じていました。採用説明会に参加して、堅すぎず色々なことに挑戦されているところにも魅力を感じ、箕面市を受験しました。また、働きながらの転職活動だったため、一から公務員試験を勉強する時間はなく、SPI試験で受験できたことは社会人には助かりました。

田中 前職の民間企業で仕事をしていく中で、自分のやりがいは「人の役に立つこと」だと思いました。前職では限られた人とのみ関わる仕事だったため、より多くの人に関わりたいなと思い、公務員への転職をめざしました。その中で、箕面市の採用説明会に参加し、先進的な施策や職員の雰囲気などを知ったことで箕面市で働きたいと思い、志望しました。

谷田 北摂の市町村で働きたいと考えて、自治体を探していました。地域の活力につながる子育て世代の力になりたいと考えていたところ、箕面市が子育て施策に力を入れていて、市民満足度が高いことを知り、受験しました。

学生時代や前職での経験がどういったところで活かされているかを教えてください。

川北  学生時代の経験では、大学の提出物や実習でスケジュールが詰まっていたため、何をするにもスケジュールを組んで取り組む習慣が身についたので、その点は今の仕事にも役立っていると思います。また、前職までの経験では、栄養士としての経験はもちろん、契約書の作成といった事務的な部分や一般的な社会人としてのマナーが役に立っていると思います。

折登 保健業務において、学生時代に学んだ専門知識や、実習の中で多くのお母さんや地域のかたと触れ合った経験が活かされていると思います。他にも、学生時代に色々なアルバイトをする中で幅広い世代のかたとお話しをしてきた経験は、現在の仕事において、子どもだけでなくお母さんやお父さんとコミュニケーションを取るときに活かされています。

谷田 学生時代のアルバイトや前職は、人とコミュニケーションを密に取ることが求められる仕事だったため、この経験が学校の先生や業者のかたと打ち合わせをし、事業を円滑に進めることに役立っています。また、仕事を進めるにあたっては、必ず、庁内での調整が必要なので、会議の場などで説明するときにも大いに役立っています。

川北 インタビュー2
田中 前職の民間企業では営業をしていたので、私もその中で培ったコミュニケーション力は、他部署との調整事が多い今の職場で活かされていると感じています。ただ、本当に営業しかしていなくて、ほとんどパソコンを使うこともなかったため、そういった事務的なところは現在勉強中です。

現在の職場の雰囲気を教えてください。

田中 インタビュー

田中 困ったときに頼れる上司が多く、優しいかたが多い職場だと感じています。業務内容がルーティーンワークではないため、自ら考えて行動できる、仕事への意識の高いかたが多い職場だと感じています。

折登 母子保健事業、乳幼児健診や家庭訪問などがあるので、個人個人で動き回っていることが多いです。ただ、みんなで協力して行う業務も多く、そういったときは声と笑顔が溢れる和気あいあいとした職場です。

川北 和気あいあいとした職場だと思います。業務の性質上、みんなで協力してというよりかは、それぞれに割り振られた仕事を着実に進めていく職場ですが、時期的に忙しい職員がいれば「何かできることありますか?」と声の掛け合いができていて、とても働きやすい環境だと感じています。

谷田 業者対応などでバタバタしていることが多いため、他部署と比較すると和気あいあいとした雰囲気は少ないかもしれません。ただし、自分一人だけで完結する仕事はほとんどなく、周囲と協力して仕事を進めることが多いので、所属内での会話は多く、困ったときには快く相談にも乗ってもらえるので、働きやすい環境だと思います。

これから箕面市を受験しようと考えている方々へメッセージをお願いします。

谷田 すでに市役所でやりたいことやビジョンを持っているかたは、ぜひ、面接などでその熱量を伝えてください。また、まだあまりイメージができていないかたでも、ご自身のできることや強みなどの芯となる部分を明確に持って、就職活動に挑んでください。そうして就職活動を進める中で、選択肢の一つに箕面市があれば嬉しいです。

川北 箕面市の第1次試験はSPI試験で、働きながらでも受験しやすく、面接でも自分の思いを伝える場がたくさんあります。箕面市で働きたいという気持ちと熱意をしっかり伝えられるよう準備をして、挑戦してみてください。みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。

 田中 私は入庁して1年経ちましたが、まだまだ分からないことばかりで、日々勉強に励んでいます。勉強ばかりで大変なのではと思うかもしれませんが、こうした状況だからこそ、日々、仕事に「やりがい」を感じながら、「成長」できているのだと思います。仕事に「やりがい」を感じ、「成長」したいと考えているかたは、ぜひ、箕面市を受験してみてください。箕面市職員として一緒に働ける日を楽しみにしています。

折登 私は東北地方の大学に通っていたので、遠方から受験しに来ていました。また、実習期間中にも採用試験があり、実習と採用試験の両立は大変でしたが、今となっては受験して良かったなと思います。箕面市では第1次試験をSPI試験で実施していて、保健師を希望するかたについてはその第1次試験も免除されるので、公務員試験対策をしていないかたでも挑戦しやすいと思います。みなさんとともに働ける日を楽しみにしています。

関連リンク

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:総務部人事室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6707

ファックス番号:072-723-2096

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット