箕面市 > 産業・まちづくり > 建築物 > 中間検査について(平成19年6月20日以降) > 中間検査について(平成19年6月19日以前)

更新日:2013年2月12日

ここから本文です。

中間検査について(平成19年6月19日以前)

対象建築物

箕面市では、以下の建築物を建築しようとする場合、中間検査を受けなければなりません。

(平成16年7月1日から平成19年6月19日までに確認申請を提出されたものに適用)

平成16年7月1日現在

用途

規模

1

一戸建ての住宅、兼用住宅、長屋、共同住宅、寄宿舎または下宿の用途に供する部分を含む建築物

 確認申請部分の床面積の合計が、50平方メートルを超えるもの

2

1の項に掲げる建築物以外の建築物

次の各号のいずれかに該当するものの建築物

  • (1)確認申請部分の階数が、地階を除き3以上となるもの
  • (2)確認申請部分の床面積の合計が、300平方メートルを超えるもの

特定工程

中間検査を受ける時期は、以下の工程に達したとき(特定工程)です。

平成16年7月1日現在

(1)基礎工事に関する特定工程

構造

規模

特定工程

木造(認証型式部材等に関する特例を受けるものを除く。)

3階以上

基礎の配筋工事

延べ面積500平方メートル超

高さ13メートル超または軒の高さ9メートル超

木造以外の構造(認証型式部材等に関する特例を受けるものを除く。)

2階以上

延べ面積200平方メートル超

(2)建方工事に関する特定工程

構造

規模

特定工程

1

木造

対象建築物すべて

屋根の小屋組の工事

2

鉄骨造

2階の床版の取付け工事(平屋については、建て方工事)

3

鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造

2階の床(平屋については、屋根床版)の配筋工事
(配筋工事を現場で施工しないものは、2階の梁及び床版の取付け工事(平屋については屋根版))

4

その他の構造

屋根の工事

5

1~4の項のうち2以上の構造区分にわたる構造

該当する構造区分の特定工程のうち、最も早く施工する工事(一部を木造とした場合は、最も遅く施工する工事)

特定工程後の工程

中間検査が合格しなければ、以下の工程(特定工程後の工程)を施工することが出来ません。

平成16年7月1日現在

(1)基礎工事に関する特定工程後の工程

構造

規模

特定工程後の工程

木造(認証型式部材等に関する特例を受けるものを除く。)

3階以上

基礎のコンクリートの打込工事

延べ面積500平方メートル超

高さ13メートル超または軒の高さ9メートル超

木造以外の構造(認証型式部材等に関する特例を受けるものを除く。)

2階以上

延べ面積200平方メートル超

(2)建方工事に関する特定工程後の工程

構造

規模

特定工程後の工程

1

木造

対象建築物 すべて

壁の外装工事または内装工事
(構造耐力上主要な部分である壁の取付工事を除く。)

2

鉄骨造

壁の外装工事または内装工事

3

鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造

2階の床及び梁(平屋については、屋根版)のコンクリート打込工事
(コンクリート打込工事を現場で施工しないものにつ いては、2階の柱または壁の取付工事(平屋については、壁の外装工事または内装工事))

4

その他の構造

壁の外装工事または内装工事
(構造耐力上主要な部分である壁の取付工事を除く。)

5

1の項から4の項のうち2以上の構造区分にわたる構造

該当する構造区分に対応する1の項から4の項に掲げる特定工程後の工程

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部審査指導室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6866

ファックス番号:072-722-2466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?