• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2017年8月3日

地域のつながり

 地域の保育所・小学校・中学校・地域の方々との交流を紹介します。

 様々な交流を通して、いろいろな人とつながり、見守られながら、地域ですくすく育っています。

★箕面三中の3年生と船作りをしました

★幼稚園保育所交流(年長)

★三中校区人権教育研究会を開催

  箕面三中の3年生と船作りをしました

自己紹介しているところ 握手をしているところ

箕面三中の3年A組のお兄さん、お姉さんが来てくれて、牛乳パックを使った船を一緒に作りました。この交流は、中学生にとって「幼児とふれ合おう」という家庭科の授業の一環でもあり、事前に幼児について勉強し、子どもたちにとって作りやすい船を考え、自分で作ったものを見本に持ってきてくれました。まず初めに自己紹介!名前、好きな食べ物を言ったり握手をしたりしました。まだまだお互い緊張気味の様子が見られました。

牛乳パックを切っている 船を作っている年長さん 牛乳パックを切っているところ だっこしてもらっているところ

自己紹介が終わったら早速船作りスタート!見本を見せてもらって、「かっこいい!」「こんな旗つけたい」「ピンクにしたいな」と子どもたちのイメージも広がったようです。ハサミで切るところを見守ってもらったり、難しいところはお願いしたり、少しずつ会話も増えていき自然な笑顔が見られるようになりました。

船を浮かべるところ みんなで船を浮かべるところ お礼を言っているところ できあがった船

限られた時間の中でしたが、なんとか完成!!早速園庭に出て、水に浮かべてみる子どもたち。スクリューの巻きがうまくいかない時や壊れてしまった時に、自然にお兄さんやお姉さんが手伝ってくれて嬉しかったです。お別れの時間はちょっぴり寂しそうな子どもたちでしたが、「また遊びにきてね!」「ありがとうございました。」ときちんと挨拶することができました。今年度は計4回の交流を予定しています。2学期、3学期も楽しみにしています。

 幼稚園保育園所交流(年長)

  6月、桜ヶ丘保育所と瀬川保育園の友達と一緒にせいなん幼稚園で遊びました。

違う園所の友達が3人~4人組になって自己紹介をし合って仲良くなったところで、なべなべそこぬけに挑戦!!

声をかけ合いながら上手にできていました。

保育所交流1保育所交流2

そして、みんなでボール運びゲームに挑戦しました。違う保育園所の友達とも仲良く遊べて本当に楽しかったね!

1年生になったら、同じ学校へいく友達もいます。この出会いから友達がどんどん広がっていきますように!!

今度は10月にまた会いましょう!!

保育所交流5保育所交流3保育所交流4

  三中校区人権教育研究会を開催

三中・西南小・南小・桜ヶ丘保育所・瀬川保育園・せいなん幼稚園の教職員が集まり、三中校区人権教育研究会を行いました。テーマは、「就学前からつながる“学び”の基礎~体幹や眼球運動から見た子どもの育ち~」です。公開保育では、年長もも組は「ビジョントレーニングを意識したゲーム」ということで、先生が出したり言葉で伝えたりしたカードと同じカードをとる、というカードゲームをしました。

いろのカード カードをもっている先生 頭の上にカード

年少たんぽぽ組は「体幹を意識した運動遊び」ということで、コースとなる線をしっかり見たりしゃがんだ姿勢で動いたりする汽車の大冒険をしました。このような活動を積み重ねることによって、様々な力の基礎となる集中力が身につくと考えています。暑い中でしたが、たくさんの先生方が見に来てくださり少し緊張気味の子ども達でしたが、積極的に活動に参加する姿が見られました。

 トンネルをくぐっている 背伸びをしている 線の上を走っている

その後の研究会では、せいなん幼稚園の取り組みを発表し、講師である視機能トレーニングセンターJoy Vision代表 北出勝也先生の講演会を聞きました。眼球運動がいかに子どもの成長につながるのか、など大切なことをたくさん学ぶ事ができました。学びや課題点などを今後の校区連携に活かしていきたいと思います。

教職員 園長先生 北出先生

 ふれあい観劇会(劇団ザッツ)

  ★ふれあい観劇会(劇団ザッツ)

 

 

 



よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局せいなん幼稚園 

箕面市瀬川3-2-3

電話番号:072-723-8101

ファックス番号:072-724-9692

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?