箕面市 > 子育て・教育・文化 > 子育て > 子どもに関する手当 > 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親等世帯分)について

更新日:2022年7月1日

ここから本文です。

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親等世帯分)について

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で子育て世帯への支援として、低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親等世帯分)を支給します。  

※なお、この給付金は、国による全国一律の制度です。

※住民税非課税のかたが主な対象となります。申告がお済みでないかた、収入がなかったため申告をしていないかた等は速やかに住民税の申告をしてください。住民税の申告をされない場合、住民税未申告の扱いとなり、住民税が確認できず、本給付金が支給できません。

※本給付金名称にある「ふたり親等世帯」とは、「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)」の対象となるかた以外を指します。ひとり親世帯向けの給付金を受給されたかたは、本給付金を重複して受給することはできません。ひとり親世帯向けの給付金制度については、「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)について」をご覧ください。

子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親等世帯分)について

対象児童

平成16年4月2日~令和5年2月28日までの間に出生した児童

※特別児童扶養手当の支給対象である障がい児の場合は平成14年4月2日~令和5年2月28日までの間に出生した児童

支給対象者

次の「ア 所得要件」のいずれかに該当し、かつ、「イ 養育要件」のいずれかに該当するかた

ア 所得要件

a.令和4年度分の市町村民税均等割が非課税のかた、または市町村条例により当該市町村民税均等割が免除されたかた

b.上記aに該当するかた以外で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和4年1月以降の家計が急変し、上記aと同様の事情にあると認められるかた

 

 イ 養育要件 

 上記所得要件がaの場合の申請の有無

 (※所得要件がbの場合、どの養育要件でも申請が必要です)

 a.令和4年4月分の児童手当受給者(公務員でないかた)

 申請不要 

順次、個別に案内文をお送りします。

 b.令和4年4月分の児童手当受給者(公務員のかた)

 申請必要

※公務員のかたは、下記ファイルの案内をご覧ください

公務員のかたへ(厚生労働省)(PDF:455KB)

 c.令和4年4月分の特別児童扶養手当受給者

 申請不要 

順次、個別に案内文をお送りします。

 d.令和4年5月~令和5年2月までのいずれかの月の分の児童手当の受給資格及び額改定の認定を受けたかた(公務員でないかた)

 申請不要 

該当するかたには児童手当の受給資格認定後、順次、お知らせ文をお送りします。

 e.令和4年5月~令和5年2月までのいずれかの月の分の児童手当の

受給資格及び額改定の認定を受けたかた(公務員のかた)

 申請必要

※公務員のかたは、下記ファイルの案内をご覧ください 。

公務員のかたへ(厚生労働省)(PDF:455KB)

 f.令和4年5月~令和5年2月までのいずれかの月の分の特別児童

扶養手当の受給資格及び額改定の認定を受けたかた

 申請不要

該当するかたには特別児童扶養手当の受給資格認定後、順次、個別に案内文をお送りします。

 g.上記a~fのいずれにも該当しないかたで、令和4年3月31日時点で

平成16年4月2日~平成19年4月1日までの間に出生した児童を養育する

かたで日本国内に住所を有するかた、または令和4年4月以降に当該

児童を養育し日本国内に住所を有することになったかた

※主に高校生(の年齢)のお子さんのみ養育されているかたがあてはまります。

 申請必要

※高校生のお子さんを養育されているかたは、下記ファイルの案内をご覧ください。

高校生のお子様がいらっしゃるご家庭へ(厚生労働省)(PDF:702KB)

※所得要件aかつ養育要件bとc(又はeとf)の両方に該当するかたについては、申請不要です。

支給額

児童1人あたり一律5万円

 申請について

1.申請不要のかた:順次、個別に案内文をお送りします。お手元に到着するまでしばらくお待ちください。 (受給拒否される場合のみ手続きが必要です。)

※万一、諸事情により、給付金の受給を希望されないかたは、下のリンクから「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親等世帯分)受給拒否の届出書」をダウンロードしていただき、子育て支援室に届け出てください。(郵送可)

【様式1】子育て世帯生活支援特別給付金受給拒否の届出書(PDF:55KB)

2.申請が必要なかた:必要書類をそろえて提出してください。審査後、随時支給します。 

  【様式3】低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親等世帯分)申請書(請求書)(PDF:143KB)

  【様式4】簡易な収入見込額の申立書(PDF:203KB)

  【様式4】簡易な所得見込額の申立書※所得額で申し立てる場合のみ必要(PDF:275KB)

  (参考資料)非課税限度※「所得要件」のbで申し立てる場合の参考資料(箕面市は1級地に該当します。)(PDF:56KB)

(必要な添付書類)
  ・申請者(請求者)本人確認書類のコピー(運転免許証、パスポートなど)

  ・受取口座を確認できる書類のコピー(通帳やキャッシュカードなど)

(状況により必要な書類)
  ・収入(所得)に係る給与明細、年金振込通知書等の収入(所得)が分かる書類

  ・申請・請求者の世帯の状況、児童との関係性を確認できる書類の写し

 

申請期限

令和5年2月28日(火曜日)(消印有効)

支給予定日

1.令和4年4月分の児童手当の支給を受けているかたのうち、令和4年1月1日時点で箕面市にお住まいのかたについては、令和4年(2022年)7月22日(金曜日)(予定)に児童手当もしくは特別児童扶養手当受給口座(両方受給のかたは児童手当受給口座)に振り込みます。

2.上記1以外の申請不要のかたは、順次、支給日のお知らせを個別にお送りします。

3.申請が必要なかたについては、受付、審査後、順次、個別にお知らせします。

配偶者からの暴力を理由に避難しているかたへ

配偶者からの暴力を理由に避難しているかたは、子育て世帯生活支援時特別給付金(ふたり親等世帯分)を受給できる場合があります。まずは、子育て支援室にご連絡をください。

離婚・DV避難のかたへ(厚生労働省)(PDF:951KB)

お問い合わせ先

制度全般について

厚生労働省コールセンター
0120-400-903(受付時間:平日午前9時から午後6時)

申請方法等について

子ども総合窓口(TEL072-724-6791)もしくはお問い合わせフォーム( 外部サイトへリンク )にてお問い合わせください。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子育て支援室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6791

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?