箕面市 > 子育て・教育・文化 > 子育て > ひとり親家庭への支援 > 未婚のひとり親家庭へのみなし寡婦(寡夫)控除について

更新日:2021年4月30日

ここから本文です。

未婚のひとり親家庭への「みなし寡婦(寡夫)控除」について

令和3年度からの税制改正のお知らせ

令和3年度(令和2年1月1日から令和2年12月31日の間に得た収入)から、未婚のひとり親のかたに「ひとり親控除」が適用されることになりました。

この税制改正により、本市独自に実施している「みなし寡婦(寡夫)控除」は、下記に記載している事業ごとの終了月をもって適用を終了します。税制改正の内容については、こちらのページをご確認ください。

対象事業

箕面市は、ひとり親家庭の子育てを応援するため、税法上の「寡婦(寡夫)控除」が適用されない婚姻歴のない(未婚)ひとり親家庭の母(父)に対して、「寡婦(寡夫)控除」の適用を受けているものとみなして、下記のサービスの利用料金等を決定しています。なお、利用料金は所得額等に基づいて決定しますので、所得の申請を行ってください。詳しくは、各担当課にお問い合わせください。

対象事業(みなし寡婦(寡夫)控除の終了月) 担当課
保育所保育料(~令和3年8月分まで) 
病後児保育料(~令和3年8月分まで)

保育幼稚園利用室

072-724-6737

学童保育料(~令和3年10月分まで)

放課後子ども支援室

072-724-6736

ひとり親家庭等高等職業訓練促進給付金(~令和3年7月分まで)
子育て短期支援事業の保護者負担金(~令和3年6月分まで)
助産施設・母子生活支援施設徴収金~令和3年6月分まで)

子育て支援室

072-724-6738

児童発達支援手数料(終了月は個別にお問い合わせください) 早期療育室
072-727-9502

※適用時期…平成26年4月1日から

対象者

税法上の「寡婦(寡夫)控除」が適用されない、婚姻歴のない(未婚)ひとり親の母(父)で子ども(上記対象事業に該当)を扶養しているかた

みなし控除の内容

上記対象事業について、寡婦(寡夫)控除と同様の下記の金額を控除し、算定します。

 

(1) 一般寡婦控除と同様の所得控除(住民税26万円控除、所得税は27万円控除)

未婚で子どもを出生し、婚姻状態(事実婚を含む)にないかたで、扶養家族がいるかた、または、生計を一にする子(総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合)がいるかた

(2) 特別寡婦控除と同様の所得控除(住民税30万円控除、所得税は35万円控除)

未婚で子どもを出生し、婚姻状態(事実婚を含む)にないかたで、扶養親族である子(総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合)がおり、かつ、合計所得金額が500万円以下のかた

(3) 寡夫控除と同様の所得控除(住民税26万円控除、所得税は27万円控除)

未婚で出生した子どもを認知し生計を一にしている(この場合の子どもの総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合)婚姻状態(事実婚を含む)にないかたで、かつ、合計所得金額が500万円以下のかた

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局子育て支援室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6738

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?